1. HOME
  2. 山形暮らしの生の声:山形生活
  3. 三大文殊

三大文殊


明けましておめでとうございます。

今年のお正月も晴天続きの実家で過ごしております。

元旦は荒川の土手より初日の出。

新年のご挨拶のための移動の電車の中からは富士山がよく見えました。

山形にもお正月に見るとありがたいものがあるかしら?雪うさぎ?などと考えつつも青空を見上げる毎日です。

今日は日本三体文殊と称している文殊寺(現熊谷市、旧江南町)へ。

実はその前に東松山市にある箭弓稲荷神社へ行ったのですが、渋滞が激しくパス。Uターンして戻る途中に、さほど混んでないであろう文殊寺へとなったのでした。

日本三体文殊と称しているわりにはいつも閑散としている印象の文殊寺。

今日もゆるやかな賑わいでゆったりとお参りできました。

お寺紹介で気になったのが、曹洞宗なのに文殊菩薩がご本尊だということと三体文殊について。


丹後切戸、米沢亀岡、武州野原と三寺を挙げています。

三大〇〇でありがちですが、必ずしも全国で統一されていないということ。

今回行った文殊寺の代わりに大和(奈良)の安倍文殊院が入るパターンを多く見かけます。

亀岡が入る率は高く、山形県内のみならず全国的に見てもそれなりの知名度を誇っているのかもしれません。

ただ私のように藩名ではなく米沢市と脳内変換して、あれ?高畠でないの?と不思議になってしまう人もいるのではとも思ってしまいました。

文殊様のご利益をちゃんといただいていればそんなうっかり思考回路にはならない、かな?

ちなみに切戸の智恩寺は臨済宗、亀岡の大聖寺は真言宗、安倍文殊院は華厳宗と宗派はさまざまでした。


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する
キャリアコーチング
キャリアカウンセリング
ディスカッションパートナー
ページトップに戻る