1. HOME
  2. 山形暮らしの生の声:山形生活
  3. 節分豆

節分豆


今年の豆まきは自家製の炒り豆で行いました。

というのも、昨年の大豆がたくさん残っていて煮豆にするには骨が折れるので、

炒ったら食べられるなるかしら?という軽い気持ちで炒り豆したのが

思いの外子どもたちに好評で

あっという間になくなり、

追加で炒ったら、

イマイチの出来だったからなのですが。

最初に作ったものは水に浸すことなくいきなり炒ったのでかなり固く出来上がりました。

二女はこの固さを好んでいたようですが、固すぎるのではと次の分は水に2時間ばかり浸したあとに水切りをして炒ったのでした。

ひと手間加えおいしくできると思いきや、作り方が甘かったのか、冷めると湿気った状態でした。

となれば、まくしかない!

おいしい福豆をまいてもったいないなぁとなるよりは精神衛生上もかなりいいです。

子どもたちは交代で鬼になり思う存分豆をまき合い大笑い。

鬼を払い福を呼べた気がします。

豆まきの後はでん六のおいしい福豆をポリポリ。さすがに年の数だけ食べるのはきつくなってきました(^^;)


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する
キャリアコーチング
キャリアカウンセリング
ディスカッションパートナー
ページトップに戻る