1. HOME
  2. 山形暮らしの生の声:山形生活
  3. 夏休みの準備

夏休みの準備


7月に入り夏休みがチラつき始めました。

毎年短い東北の夏休みですが、今年はゴールデンウィークの影響でさらに短くなっており、夏休み前から定番の宿題が気になり始めた我が家です。

母としては自分の子供時代は棚に上げて、読書感想文はなんとしても書き上げて欲しいと思っています。(工作や絵画と並んで自由選択制)

せっせと指定図書の案内をしているのですが皆なかなか興味がわかない様子。

唯一好きそうな本は図書館未入荷で予約もできない。図書館に入荷し借りられるようになった頃には順番待ちのまま夏休みが終わるんじゃないかしら・・・。

課題図書でなく自由図書でもいいといえばいいのですが、読書感想文は「考える読書」をするためのものでもあるので、好きな本を軽くさら〜と読んだのではあまり意味がないのです。

考えつつ読める本で自分の好きなのを見つけ出せたらいいですが、本選びだけでお腹いっぱいになりそう。

やはりそこは課題図書の出番となるのではないかと思うのですが、このままだと自由図書コースとなりそうです。何れにしても読書感想文を書いてくれることを願って・・・。

子どもたちの関心はというと断然「自由研究」。

何にしよ〜としきりに言うので、たまねぎ染めでよければ材料提供できるよ、とか、一ヶ月分の天気図でパラパラ漫画作ったら面白そうじゃない?(先日読んだフリーペーパーに書いてありました)と返事をするもスルー。

結局こちらも好きなようにしかやらないのだろうなぁと思っていた矢先に自由研究キットのチラシをもらってきました。

そのチラシを見てすかさず「これほしいな〜」。何か違うぞ。おもちゃを買うようなノリではないか。そこから考察できるのか。しかも高い。

キットなしで同じようなものを作り出してみなさいよ、キットなら1000円でも自分でやれば100円くらいでできそうよと言ってみても、そこまでのやる気はなく。

キャンプと花笠で夏休みの半分は潰れる子どもたち。1学期のうちに研究テーマを見つけ、積極的に取り組んでくれたら嬉しいのですが。

やはり、ちびまる子ちゃんのようにグダグダしちゃうのかな〜。


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する
キャリアコーチング
キャリアカウンセリング
ディスカッションパートナー
ページトップに戻る