1. HOME
  2. 山形暮らしの生の声:山形生活
  3. 田んぼ

田んぼ


かなしいニュースです。

まぁ、予想はしていなくはなかったのですが、夫実家の田んぼは今季限りで終わりです。

春先に腰を痛めた義父。

田植えの頃は、もし治らなかったら来年は田植えはなしだなぁと軽く話す程度で、

皆は、治ればいいんだよね~という雰囲気でおりました。

しかし、治る目安の3ヶ月が経っても治る気配はなく、それどころか悪化の一途をたどるばかり。

どれほど痛くてつらいものなのか理解できない私は

もともと甘えん坊でいつも以上に義母に頼りきる義父に「自分で動けーー」と鬼嫁全開で接してきましたが、

腰のみならず神経痛にも悩まされるようになった義父は体を動かすことを極力控え衰えていくばかり。

田んぼの人手が減っただけでなく、介護が必要な状態となり、義母が田んぼに出るのもままならなくなってきました。

夫や私がしっかり手伝えればいいのですが、それぞれ仕事をもっておりちょうどよいタイミングで田んぼに参上することができないで、結局義母が孤軍奮闘。

長男は「おれっちが手伝うのに!20kgくらいのものなら持てるし!」と心強いことを言ってくれますが、いかんせん小学生。

手伝えるものとできないものとがあります。

高校生ぐらいだったらね、、、と思わなくもないですが、高校生になっていたらきっと部活やなんやらでもっと忙しいはず。

長男につなぐまでの間、私が奮闘できればいいですが、いざとなるとまるで自信がありません。

たとえ時間があったとしても。

肥料を買ったり、機械をメンテナンスしたり維持する費用を考えるとますます尻込みしてしまいます。

いま、数年前に田んぼをやめた隣地にはりっぱな木が生えています。

同じように荒れてしまうのでしょうか。

90歳近くまでせっせと田んぼの水を見に行き、草取りをして田んぼを守ってきたジイチャンのすごさに敬服です。

そして、子どもたちが田んぼ体験できたことに感謝です。


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する
キャリアコーチング
キャリアカウンセリング
ディスカッションパートナー
ページトップに戻る