1. HOME
  2. 山形暮らしの生の声:山形生活
  3. 夫婦

夫婦


私事ですが、秋分の日は私達夫婦の結婚式記念日でした。

誕生日や記念日はしっかりと覚えているタイプなのですが、今年はすっかり忘れていました。

むしろ誕生日や記念日は祝うものと私に教育された夫が「今日はなんの日でしょう?」とプレゼント片手に現れたから驚きです。

このところいつも以上に出張続きで、出張以外の日でも仕事が忙し過ぎて在宅時間が数時間しかなく存在感薄めになっていた夫が、です。

不在過ぎて、子どもや私の現況について把握できていない夫で、「いつも留守ですみません」と頭を下げます。

子どもたちが幼稚園未満のときは、私の自由時間は皆無に等しく24時間休みなしも珍しくなく大変だったのですが、全員が小学生以上となるとむしろ戦力になってくれているし、お留守番もできるしで私の自由度は格段にアップ。

どこにも行けないーとキューキュー騒がなくなって久しいのに以前と同じように申し訳なさそうにしています。

子どもの成長を見届けられない点については、本当にもったいないと思うし、私の目で見たこと感じたことを報告するばかりなので、謝ってもらって当然かと思うこともあります。

でもそんな低姿勢な夫なので、私が新米母だった頃にアパートのお隣さんから教わったことを実行できるのかもしれません。

「お父さん大好きっ子にするといいよ。自分も楽だよ。」

これは本当です。

夫婦ともに同じくらいの時間を子どもと過ごせれば、わざわざ意識する必要もないと思いますが、お隣さんや我が家のように父不在がちの家には効果的。

自分のがんばりをアピールしたくなることもありますが、基本、子どもはお母さんが大好きなので、たまにしか登場しない父に花を持たせてちょうどいいのです。

さてさて今回の結婚式記念日はウッカリしていまいましたが、数日前に「ガンバレー」のメモと一緒にキューピーコーワ(滋養強壮剤)を置いておいたからセーフということにしています。

今回は素直に自分で動きましたが、夫にイラッとして素直になれないときは子どもから声援を送らせるのも一つのテですね。


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する
キャリアコーチング
キャリアカウンセリング
ディスカッションパートナー
ページトップに戻る