キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート


「キャリア」とは、仕事や経歴だけを意味するものではなく、一人一人の「生き方そのもの」を意味しています。

しかしながら私たちは、人生の多くの時間を仕事(職業)と共に過ごしており、自分の思い描く理想のキャリアを創造するためには、「理想の職業選択」が欠かせません。

終身雇用が主流だったこれまでは、一度決まった企業に入れば、定年退職までのキャリアは、その企業に任せておいてもある程度画一的に形成されていく時代でした。

しかし、社会変化が激しく個人の多様性が進んだ今は、「転職する」「転職しない」ということだけでなく、企業に属するかどうかを含めて自分自身で自律的にキャリアを作り上げていく必要があります。

一方で既存の企業においては、時代の変化に対応し個人の多様なキャリア形成を受け入れる土壌がなければ、生き残っていくことはできなくなっています。

「自らキャリアを創造し前向きに働く人が企業に溢れ、企業が柔軟に成長していく」
私たちは、それが実現できる山形県を目指して、人と企業をサポートする活動を続けています。

代表あいさつ・企業情報・アクセスはこちら



キャリアクリエイトが出来ること


私たちは、「キャリアカウンセリング」スキルをベースとした事業を山形県に根ざして行っています。

「キャリアカウンセリング」とは、その個人にとって望ましい職業選択やキャリア開発を支援するプロセスのこと。これから先の人生のあり方、将来どうすべきかということを、一緒に考える幅広い支援です。

社会で活躍するビジネスマン/ウーマンの方とは、今後のキャリア・転職・将来どうすべきかについて、面談で一緒に考えていきます。

企業の代表者の方とは、これから会社をどうしていきたいか、どんな人材を採用したいか、社員の方にどう育って欲しいか等の人事戦略について一緒に考えていきます。

高校生・大学生の方には、正解のない世の中を乗り越える力を身につけられるようなキャリアカウンセリングの時間やキャリアセミナー・プログラムを提供しています。

就職活動中の大学生の方には、自己分析や業界研究などの就職活動をお手伝いしながら、自分1人では見つけられなかった地元山形の企業をご紹介しています。

県外在住の方や、今後のキャリアについて模索している方には、面談でのキャリアカウンセリングの他、ヤマガタ未来ラボというサイトで、ご自身の今後のキャリアについて考えを深められるような情報や機会を発信しています。


1・人と企業の仲人役(人材紹介サービス)


【コンサルタントの佐藤広一より】
「働く人材を探している」という企業(組織)と、「働く場所を探している」という個人の仲介役となり、両者のマッチングを行う人材紹介サービスが私たちの事業の中心です。

ご紹介可能な求人情報は、山形県に特化した転職サイト「山形転職」に掲載しています。

2001年の創業以来、山形県の風土を理解し、山形の転職市場をよく知ることを強みに、これまで450人件以上の人と企業のお見合いをサポートしてきました。

その内容は、求めるスキルや条件面が折り合えさえすれば良し、ではありません。「転職をご希望される方と企業(中の人・社風など)の相性」を非常に大切にしています。



顔を見て話すこと、人間的なやりとりを大切ににすること、信頼を大切にすること、正直であること、を心掛けています。

時には、転職のご相談を受けた方に、転職しないほうがよいというアドバイスもすることもあります。(キャリアアップコラムはこちら
人材採用について相談頂いた企業の代表の方と、本音で意見交換させていただくことも多々あります。


その結果、より良いキャリアの選択肢の1つとして転職することになった個人の方と、新しい仲間と出会ってパワーアップして喜ぶ企業の方を目の当たりにすると、両者の仲介役となってサポート出来たことに本当に喜びを感じます。転職された方の体験談はこちら「転職成功物語」

悩んでいる個人の方も企業の方も、気軽にご相談ください。
今後のキャリアのこと、会社のことを一緒に考えていきましょう。
山形弁でしゃべるべっす。(庄内弁が出来なくてすいません。。)


転職・キャリアアップをお考えの方はこちら

就職活動中の学生さんはこちら
中途人材採用をご検討の企業様はこちら
新卒採用をご検討の方はこちら

2・自律型人材を育成する教育研修


本格的な人口減少社会を迎え、企業側も多くの変化に対応していかなければなりません。この変化に対応し、乗り越えられる企業を作るのは「人」です。

私たちは、企業の経営層・次世代リーダー層が、「マネジメント力(りょく)」を身につける教育・研修プログラムを通して、企業・人が成長する機会を提供しています。



例えば、”外部に報告するための会計”ではなく、”これからどうする”を考えられる生きた会計『戦略MQ会計』を体感出来る経営ゲーム「まみがさきMG講座」をはじめ、「財務諸表の読み方講座」、「マネジメント基礎講座」などは、公開講座として定期的に開催しておりますので、ご自身のスキルアップのために、あるいは社員の人材育成施策の1つとしてご活用ください。

公開講座についてはこちら

また、企業が抱える問題や課題をよくお伺いし、目的・目標を明確にした課題解決を目指すカスタムメイド型研修プログラムも行っています。私たちの研修では、正解のない世の中を乗り越える「自律型人材」を育成することを大切にしています。

山形市の自動車総合サービス業、株式会社サニックス様でも弊社の研修サービスをご利用頂きました。

(研修プログラム導入事例)


左から佐藤社長、加藤さん、阿部常務、佐藤大輔

株式会社サニックス様では、「お客様からのクレーム」に課題を感じていました。

(常務の阿部さん)
「一生懸命やっていても、お客様のご要望に応えきれないことや、ちょっとした行き違いでクレームになってしまうことがよくありました。経験の浅い若手だから、最初はクレーム応対やマナー研修などのお客様の不満に対処できるような研修がないか、などと考え、人材紹介でもご相談していたキャリアクリエイトに研修についてもご相談しました。

 クレームがあった場合には、上司含め会社一丸で対応し、お客様の理解を得ているのが実態でしたが、人材育成担当の佐藤大輔さんと話をしていく中で、「必要なのはクレーム対策ではなく、クレームを予防するという考え方で、クレームにつながりそうな原因を自分の頭で理解することからはじめた方がいい」ということに気付くことが出来ました。一般的なクレーム対策やマナー研修に違和感を感じていたので、佐藤さんからの提案を受けて、お願いしようということにしました。会社の課題をよく聞いてちゃんと考えてくれているなと思います。」


研修時の様子

(研修に参加した加藤さん(24)の感想)
「最初はどんな研修をやるんだろうとよくわからず参加しました。ラーメン屋の例えを使っていただいたときに、すごくイメージしやすかったのを覚えています(笑)お客さんが何を考えているかを理解しないとクレームにつながるということが理解出来ました。
実際のクレーム事例を使いながらの研修をやってから、自分で想像できるようになってきて、トラブル・クレームは減ってきたように思います。」


【研修の成果】
(社長の佐藤さん)
「なかなかすぐにゼロにはできないものですが、クレーム数は徐々に減少しています。」
2012年に専務から社長になった現社長の佐藤さんも同じように課題感を抱えていました。

「それまで都度指導していましたが、今後はさらに人材育成に力を入れていく方向で進めています。外部講師に依頼する研修の経験は今までなくて、社員がどんな反応になるのか心配でしたが、意外とみんな真剣に聞いてくれてて嬉しかった。私もオブザーブで参加しましたが、自分の性格分析をしたり、一方的ではなく自分たちで考えさせて課題解決していく研修だったので、楽しかったし、やって良かったと思います。」


【研修を担当した弊社コンサルタントの佐藤大輔】
営業部の若手社員を中心に参加していただき、実際にあったクレームをケースに使いながら「顧客対応力を磨き・クレームを発生させない力を身につける」という目的で研修を企画しました。顧客の要望を適切に聞くコミュニケーション力と、顧客の期待がどこにあるか考える視点を身につけてもらうことが必要だと考えたからです。
今回の研修では、「適性試験を活用して、自分の思考・コミュニケーションのクセ(性格)を知る」「お客様の期待がどこにあるかを見極める思考のフレームを理解する」という2つの目標を設定して実施しました。

正解がない世の中だからこそ、年齢や経験問わず前向きに意見を出し合い、研修実施後も自分たちで考えて行動していけるような全員参加型の楽しい学びの場にしたいと考えています。

今回の研修では、クレーム事例の準備等、阿部常務に大変ご協力をいただきました。自社の社員教育に熱心な企業ほど、事前準備にもとても熱を入れてくださいます。こうした企業様に研修をご提供できることはとても嬉しいですね。こうした人材育成に意欲的な企業様と共に、個人が前向きに成長していける環境を、山形にもっと増やしていきたいですね。

企業研修についてはこちら



3・高校生・大学生などの学生キャリア支援

資格を保有するキャリアカウンセラーのネットワークを活用し、長年にわたって県内複数の大学、高校での実施実績があります。自ら考える力を引き出し、納得できる意思決定ができるよう支援するカウンセリングが参加学生にも好評を得ています。


【キャリアカウンセラー浅野えみより】
大学生や高校生、入社したての新卒社員へのキャリアカウンセリング、キャリアセミナーを実施しています。

悩んで、困って、アドバイスが欲しくてキャリアカウンセリングを受けに来てくれる学生が多いですが、その答え・解決策は、クライアント(学生)自身がもっています。

キャリアカウンセラーの役目は、アドバイスするのではなく、問いかけや会話を通し、自分で気付いてもらえるようサポートし、その「気づき」を実行できるよう、筋道を一緒に考えたり、情報をお伝えするなどサポートすること。

キャリアは2つの意味合いがあり、就職活動においてのキャリア支援にも大きく2つあります。

1つは、将来(大げさに言えば人生ビジョン)に不安を抱え、どうしたらいいかわからなくてモヤモヤしている学生に対して、一歩踏み出してみようと思えるように支援すること。
キャリアカウンセリングでは、これまでとこれからの人生『キャリア』をあたたかい気持ちで共に見つめ直すという事を行っています。「あたたかい気持ち」というのは、「みんな違ってそれでいい。そして1人1人が必ず持っている素敵ないい所」を見つけ、それを伝えること。それにより次の行動へ繋げる意欲を引き出します。
先々を考えてもらうだけでなく、これまでの人生「過去」を振り返るのは、これから先のヒントになる事も多いからです。

その上で、ESや面接対策といった実践的な就職活動の支援を行います。企業目線でアドバイスをしたり、練習もしっかりと行っていきます。


キャリアセミナー・就職セミナーでは、1対多数という一方的なコミュニケーションではなく、インプットした事をすぐにアウトプットできるような、参加型のセミナーを続けています。

ご依頼頂くテーマによってその内容は変わりますが、「わかっているようで実はあまりわかっていない『自分自身』のことを体感・実感できる生きた内容」や「テクニック・マニュアルだけに偏った就職・面接の為だけセミナーではなく、これから社会に出てからも役立てる、頭でなく心で理解し、自然と出来るようになる」ような内容を心がけています。

学校関係者の方、学生(若者)キャリア支援についてはこちら



4・プラットフォーム「ヤマガタ未来Lab.」の運営


ヤマガタ未来Lab.(ラボ)とは、山形県内外の人に向けて、「働き方」や「仕事」「起業」「コミュニティ」「まちづくり」などに関する『山形県でいまの情報』『楽しく暮らすための価値観』などをお届けしているWEBサイト。

コンセプトは、『山形と関わる自分の未来を見つけるための研究所』。
県内外の山形に関わる人たちが、「山形と関わる自分」のより良い「これから」を見つけられるようになるために、試行錯誤する(またそのための情報を獲得する)「研究所」(Laboratory)して、山形と前向きに関わる生き方を模索出来る場所でありたいと思っています。

就職、転職、Uターン、今後の「山形と関わるキャリア」のビジョンなど、山形と関わってこれからどう働いていこうか?どう暮らしていこう?と考えるときに役立つ記事や求人情報、イベント情報、仕事を体感するプログラムなどをご紹介し、「山形と関わる人生」を主体的に選択できるきっかけを提供しています。



キャリアクリエイトでは、「自らキャリアを創造し前向きに働く人が企業に溢れ、企業が柔軟に成長していく山形県」の実現に向けて、日々このような活動を行っています。


今日はどうされましたか?
まずは、じっくりお話を伺います。


画像をクリックすると、事業内容一覧ページに移動します


ccr_introduction
UIターンを相談する
転職を相談する