1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

【イベントレポート】第2回サクラマスミーティングを開催しました

Posted in: つながる場

「山形で働く若者を増やしたい」。
進学や就職のため県外転出した若者が、山形県のシンボル魚「サクラマス」のように山形に戻って活躍できるような施策を企業・行政・教育機関が一体となって考える「サクラマスプロジェクト」の第2回ミーティングが5月30日、山形市JAビルで開催されました。


ミーティングには企業の人事担当者・高校教員・自治体職員など約60人が参加。キャリア教育や新卒採用についての事例紹介の後、4〜5人の各グループで課題の解決策についてグループディスカッションを行いました。

【事例紹介1:山形西高校 庄司優子先生】
庄司先生からは、高校での進路指導についてご報告いただきました。
西高ではキャリア教育の一環で、県内で働く高校OG4人の講演会を開催。失敗談などを交えながら話してもらったことで、生徒が「道は一つだけではない」「一度失敗してもさまざまな選択がある」と考えられるようになったということです。


参加者からは「高校でキャリア教育をしたくても、どんな企業が協力してくれるかわからない」「企業と高校をつなげるコーディネーターが必要」といった意見が出ていました。


【事例紹介2:山本製作所 熊谷崇史さん】
山本製作所で技術職として勤務する熊谷崇史さんからは「山形で働くということ」というテーマでお話しいただきました。熊谷さんの入社のきっかけは、山形大学在学中に山本製作所と共同研究を行っていたこと。在学中に会社の雰囲気が分かったことで、自然に入社を考えるようになったといいます。


この事例紹介を経て、有償インターンシップやアルバイトなど企業と学生が密な関わりを持つ機会を増やしたいという声が多数あがりました。


【サクラマスカレッジの紹介 work life shift 伊藤麻衣子さん】
work life shift代表の伊藤麻衣子さんから、山形を選ぶ若者を増やすための取り組み「サクラマスカレッジ」について紹介がありました。


この講演を基に、グループごとに「若者に山形を選んでもらうための施策」について企画書を作成。
産学官さまざまな立場の参加者がアイデアを持ち寄るディスカッションは大いに盛り上がり、「高校生が山形の企業を紹介する『山形企業図鑑』の作成」、「県内の小中高を卒業した若者が参加する情報フォーム『山形クラウド』の立ち上げ」など、具体的な企画が提案されました。


参加者の声

「グループで話す中で、高校での探求学習について良いアイデアをもらえた。キャリア教育を楽しくやっていこうという気持ちになれた」(高校教員)

「商工観光課としての勤務が5年目になり、そろそろ新しいアイデアが欲しいと思って参加した。これまで企業の視点で考えることはあったが、新たに学校側の目線を知ることができたのがよかった」(自治体職員)


企業・行政・教育機関がお互いの課題を共有し、若者の地元定着を促す施策について新たなアイデアを得る貴重な場となったようです。

最後に、山形で働きたい人と山形で頑張っている企業を“予想外の出会いと偶然の発見” でつなぎ、就職・転職への新しい扉を開くマッチングサイトヤマガタ仕事ラボのリリースを発表しました。
山形県内の企業の情報が集まっているので、山形で就職・転職を考えている人にとって必要な情報を探しやすいのが特徴です。

まだまだ続くサクラマスミーティング。
次回のサクラマスミーティングは半年後に開催予定です。今後の展開にご期待ください!


第2回サクラマスミーティングを開催しました

Posted in: つながる場

5/30に、山形県JAビルを会場とし、第2回サクラマスミーティングを開催しました。


“サクラマスプロジェクト”とは、山形県の高校・大学を卒業し、進学・就職のため県外転出した若者が、山形県のシンボル魚「サクラマス」のように、海(県外)に出て成長し、また生まれた川(山形県)に戻って来られるように、企業・行政・教育機関・保護者が一体となって、若者がUターンしやすい環境を整えるプロジェクトです。  

グループディスカッションでは、セクターを超えた意見交換を行いました。


当日のイベントの様子は、イベントレポートにてご報告します。

ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました。


転職成功物語『営業職から新規事業・企画の道へ。地方企業で変革を楽しむ』

Posted in: 転職成功物語

こんな方、いらっしゃいませんか?

山形で、自分の経験・スキルを活かした仕事がしたい・キャリアアップしたい
ただ、地方って家族経営が多いイメージ。意見通らなそう…
求人票を見ても営業ばかり。私は企画をやりたいのに…

そんなあなた、諦めるのはまだ早い!
今回は営業職として転職後、約2年で新規事業の企画開発ポジションを掴み活躍する男性を紹介します。


半田 学さん
株式会社ナイガイ 営業グループ長(取材時。現・営業開発本部 本部長)

半田さんは大手アミューズメント関連企業にて約20年間、北日本各地の店舗管理者や新店舗の立ち上げなどに携わってきた後、2015年に暮石や石材の販売・販売を手がける株式会社ナイガイに転職をしました。現在は営業のグループ長として組織マネジメントを行いながら新規事業の企画開発に携わっています。

ー転職を考えたきっかけを教えてください。

前職は、社員のモチベーションが全体的に高く、社長も現場主義だったので社員と一緒に営業戦略を考えるなど風通しも良く、結果を出せばどんどん評価してもらえる環境でした。しかしその分、転勤なども多くて大変でした。
ようやく地元山形に転勤になり夢のマイホームも手に入れたのですが、その矢先、めまいと頭痛などが多くなり仕事に集中出来ない日も出てきてしまって…。検査したところ「聴神経腫瘍」が見つかり、開頭しての大きな手術が必要と告げられました。
治療と、これからの事も考え、山形で働ける道を探すために転職を考えました。

ー転職ではどんなことを実現したかったのですか?

前職での経緯もあったので、まずは安心して生活を送れることを第一に考えてはいたものの、これまで店舗管理や新店舗の立ち上げに携わってきた経験があったので、新規事業や企画の開発、新しいものを考え出す仕事をしたいという気持ちがありました。

ーそんな中、キャリアクリエイトへ相談にいらっしゃいました。

最初は自分一人で転職活動を行なっていたのですが、限界を感じたため人材紹介会社への登録を考えました。山形に特化し丁寧なカウンセリングのもとで仕事を紹介しているキャリアクリエイトを知り、お願いすることにしました。
一人で転職活動を行なっていたときは、企業に話を聞きに行ってもなかなか上手く自分をアピールできず不安を感じていたのですが、キャリアクリエイトさんのサポートがあると、かなり変わりました。後押しがあって話をするだけで、こんなに自信をもって話せるんだなと。全然違いましたね。二人三脚でやれたことが転職活動の不安解消に繋がりました。


ー実際の転職活動はどうでしたか?

一般的な求人票を見ただけでは、どの会社がどんな背景で人材を求めているのかは分かりません。ですが、キャリアクリエイトさんに相談したら、今までの回り道が何だったのか!と思えるほど真っ直ぐに自分の求める会社をピックアップしてもらえました。

ー「どんな背景で人材を求めているのか」で言うと、確かに、当初キャリアクリエイトからナイガイ様を紹介したときは「営業職」での求人でした。事業企画とはまた別の職種でしたよね。

はい。ただ、ちょうど面接のタイミングが会社の代替わりの時期で、現在の社長(当時の専務)が、石材・墓石業界の未来に高い危機感を感じていました。
面接中に、専務自らの「このままではこの業界は衰退していく。だからこそ色々とチャレンジして変えていきたいんだ」という想いを聞いたとき、この業界が変革期であり、会社も変わろうとしているのが見え、自分のスキルを活かせるのではと感じたんですよね。
でもそれ以上に、この専務が動き出したら絶対楽しいだろうという気持ちになったんです。あのときはビビッときましたね(笑)

ー業界がガラッと変わり、不安はありませんでしたか?

もちろんありました。知らない業界へ飛び込むので、専門知識への対応や、金銭面、体調面など不安ばかりでした。今でも業界の専門知識や、対応力などまだまだな部分が多く、お客様に怒られてばかりです。先輩社員との力の差は歴然ですが、勉強を続けて追いつけるように努力していきたいと思います。

ー今はどんな仕事を?

当社は主に東北と東京を営業エリアに活動しているのですが、その営業グループを統括する立場として40〜50人のマネジメントを担いながら、新規事業の企画開発に携わっています。単なる「お墓屋さん」ではなく、「供養」という行為をより広く捉えた仕組みを作ったり、終活への敷居を下げたり、様々な供養の仕方を石材屋さんに提案したり、業界の新たな市場を開発すべく奮走しています。


ー新規事業への想いには、どういった背景があるのでしょうか?

自身の強みは何かを考えたときに、自然とそこに行き着きました。特に私は年齢を重ねていることもあり、転職でやれることも限られてきます。業界の専門知識などのスキルに関しては、長年活躍している社員の皆に追いつくにはやはり相当な時間がかかってしまいます。

そこで周りとは異なる点で自身の価値をどう発揮していくかを考えたとき、私のようなタイプの人がこの会社には少ないなと思ったんです。企画畑の人間というか、いわゆる「思い切ってお金を使える人」。組織によっては新規事業に予算をつぎ込むか否かを考える際、どうしても言い訳から入る人が多くなりがちですが、そういった躊躇がないのが私の良いところだと思っています。

ー今回、半田さんの仕事に対する熱い姿勢を伺うことができました。今の職場にて、頑張りたいけど中々上手くいかない人へメッセージをお願いします。

自分の上司を昇級させようという気持ちで仕事をすると変わるんじゃないかと思います。そうすることで自分の評価も変わってきますし、何より明確な目標ができることで仕事がクリアになります。その結果、色々な仕事を任せてもらえるようになり、仕事が面白くなるんじゃないかなと。
それでもどうにもならないときには、上司に直接申告するのもありだと思います。その際は決して消極的ではなく「こういった仕事をしたいんです」といった積極的な意思を伝えることが大切です。

私も前職にて、最初は営業配属だったのですが、企画の仕事をやりたかったので当時の上司に希望部署の企画書を何枚も出していました。最初の2週間くらいは相手にしてもらえながらも、1ヶ月くらいしたら受け流されてしまいましたが(笑) ただ、結果として希望の部署への異動が決まったので、当時の上司が掛け合ってくれたんだと思います。感謝ですね。

ー最後に、転職やUIターンで悩んでいる人へも一言お願いできますか?

転職は今までの自分のキャリアを捨て、新しい世界に飛び込むことだと思います。ですが、キャリアは捨ててもスキルはあなたに残っているはずです。そのスキルは、自分からしてみれば普通のことかもしれないですが、他人から見たらダイヤモンドに見えるかもしれません。その輝くスキルを活かすか殺すかでは転職後の仕事内容も全然変わってくるのではないでしょうか?
また、個人的にはキャリアクリエイトさんのような会社に手伝ってもらうのも有効な手段だと思います。

********************************************************************************************************
「一般的な求人票を見ただけでは、どの会社がどんな背景で人材を求めているのかは分かりません」。

転職やUターンを検討されている方で、もし希望の職種が求人として公開されていない場合でも、半田さんのように気軽に相談していただくことで、その活路が開けるかもしれません。


転職成功物語『自分の想いとマッチングした求人に巡り会えたこと』

Posted in: 転職成功物語


人材コンサルタントの原田です。

今回ご紹介するのは、Cさん。
自分の想いと、マッチングした求人を紹介することが出来ました。
いただいた嬉しいメッセージを紹介します。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------
トントン拍子とは、この事か!

変わった経歴の私のようなケースでも自分の想いと上手くマッチングした求人に巡り会えることが出来ました!
私の経歴を簡単に紹介致します。

教育学部美術科卒…
在学中に美術の感性を活かした空間デザインの仕事に興味をもつ。
卒業後…
東京にて、当時雑誌に載ってた素敵なデザインをしている事務所に片っ端から電話。OKを頂いたインテリアデザイン事務所、建築設計事務所でアルバイト。
帰郷して…
地元の大学院に入学し建築デザインを学ぶ。
が中退…
地元で住宅会社、中学美術講師、家具会社、デザイン事務所、建築設計事務所などで働く。
40歳を過ぎてから…
インテリアコーディネーターと
二級建築士を取得
46歳で…
一級建築士を取得!
想い…
資格取得がキッカケで、自分の感性に合う建築をつくっている設計事務所でもっと幅の広い公共的な建築デザイン・設計監理に携わっていきたい!と より強く 想う ようになる。
転職活動…
一か八かの勝負!

以上です。
変わってると思いませんか⁈
この経歴と想いをプラスと考えてくださる
企業さまに採用して頂くことになりました。

ズバリ申し上げます。
原田さんのお陰です!
私の転職したい想い(綺麗ごとでない
給料など待遇面も)を丁寧に聞いて頂き、
その想いになるべく寄り添える
企業さまを何社か紹介して頂きました。
その上で自分の気持ちにもう一度
向き合う時間も与えてもらいました。

お陰でよりベクトルがマッチングした
企業さまと面談することができ、
その場で“内定!”を頂く結果となりました。

またその後の私の不安、内定条件調整、
退社の仕方などに対しても的確な
アドバイスを頂き大変助かりました。
お陰で円満に退社する事もできました。

本当にありがとうございます。

努力は実を結ぶ
想いを大切にする

希望した環境で働ける人生に感謝です。
----------------------------------------------------------------------------------------------------------

まさに、努力が実を結んだ結果ですね。
これからのCさんが、新しい職場で活躍する姿が目に浮かびます。
今後、Cさんが携わった建物にお邪魔するのを楽しみにしています。


ページトップに戻る