1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

山形Vカレッジ専門学校にて社会人に為るためのセミナー

Posted in: キャリアを考える場

内定100%の専門学校山形Vカレッジにて、
春から準備してきた、社会人になる為のキャリアセミナーにて弊社の浅野えみが講師を務めました。


これまでは、たくさんインプットしてきましたが、これからはどんどんアウトプットしていっていただければと思います。

学校で学んだ専門知識、また、好きを仕事に繋げて、社会で活かしたい。こんな生徒さんが多く、真っ直ぐな皆さんと過ごした一日でした。


これからも、そして頑張って下さいね!
学校の壁には、顔写真付きの内定報告がたくさん!手厚いフォローの学校さんです。
(キャリアコンサルタント 浅野)


鶴岡地元就活応援セミナーにて講師を務めさせて頂きました

Posted in: 人と企業の出会いの場


2月9日(土)に、鶴岡地元就活応援セミナー(東京開催)の「鶴岡市内の企業などに就職を考える際に知っておきたい情報に関するセミナー」にて、弊社の田中が、社会人・学生、UIターンを決めてる方・検討している方、様々な人に共通するお話し、学生さん向け・社会人向け・迷ってる方向け、と幅広い情報をお伝えさせて頂きました。

・UIターンを迷っている人がやるべきこと
・ミスマッチが起きないように、やるべきこと
・「山形の仕事」に持つイメージと実態はこう違う
・鶴岡で働くために大事なポイント5か条

などなど。
参考になりましたら、幸いです。

企業ガイダンスでは、23社もの企業さんがいらしていました!素敵な出会いの機会になったら嬉しいです^^


サクラマスプロジェクトキックオフミーティングを開催しました

Posted in: つながる場


山形を選ぶ若者を増やす協働企画『サクラマスプロジェクト』



12月17日に、キックオフミーティング(初会合)を山形市内で開催しました。
ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

“サクラマスプロジェクト”とは、山形県の高校・大学を卒業し、進学・就職のため県外転出した若者が、山形県のシンボル魚「サクラマス」のように、海(県外)に出て成長し、また生まれた川(山形県)に戻って来られるように、企業・行政・教育機関・保護者が一体となって、若者がUターンしやすい環境を整えるプロジェクトです。

働く場として若者に選ばれるための取り組みについて、参加者の皆さんと情報交換を行い、いろいろな立場の人とつながり、課題を共有する場として今後も継続していきます。

次回は、春の開催を予定しておりますので、ぜひご参加ください。
若者に選ばれる山形になるために、さまざまな立場の方と連携し一緒に取り組んでいきましょう!







お問い合わせ:サクラマスプロジェクト事務局 株式会社キャリアクリエイト
023-641-8807、info@carrer-create.co.jp


【プロジェクトのネーミングについて】
サクラマスは山形県の県魚です。川にいるときはヤマメと呼ばれ、6〜7割が海に下ります。外洋を1〜2年周回した後、体調60〜70センチのサクラマスに成長して生まれ育った川に帰ってきます。
サクラマスの成長プロセスが、高校生が大学進学を終えて地元山形に就職する学生のイメージに重なることからサクラマスプロジェクトと名付けました。


ファイルを開く

山形大学職員向け窓口応対研修

Posted in: 組織が学ぶ場

「応対」と「対応」の違い、ご存知ですか?

山形大学にて窓口応対研修を弊社の浅野えみが担当させていただきました。

大学では「学生視点」を大事にされています。学生視点とは何か?

鶴岡・米沢キャンパスからも、小白川キャンパスへお集まりいただき実践型の勉強会でした。

応対している自分を客観的に見てみるという動画ワーク。どこのセミナーでも、やる前は、すごく抵抗あるようですが、実践後は一番学びが多いと感想をいただきます。

やはり「自分で気付く」が一番の学びだなと感じます。



私立中学高等学校 PTA連合会にて講演させていただきました

Posted in: キャリアを考える場

〜山形のめんごい子ども達へ〜

山形県私立中学高等学校のPTA連合会 会長.副会長会にて弊社の浅野えみが講演させていただきました。

高校卒業後のキャリア選択において、日々のカウンセリングで感じている事を、お伝えしました。

連合会会長の石塚様からは、もっと早く聞きたかったなーと感想を頂き、この言葉を糧に、これからも伝えていきたい!と強く思いました。

今年の主幹校、山本学園の関校長先生も私も、一度山形を出て戻ってきたUターン組と知り、興味深くお聞かせいただきました。

このような場をPTAとして作って下さりありがとうございました。


ページトップに戻る