1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

まみがさきMG 第12回目

Posted in: 個人が学ぶ場


月一回定例のワンデイMG(戦略MQゲーム)が6/11(土)に弊社の薬師町事務所にて開催されました。

私も事務局&社内研修としてフル参加ですが、皆さんのご支援・ご協力を得ながらとうとう12回目を迎えることが出来ました。
まだまだ、狭いコミュニティの中での開催ですので毎回違う方々の参加、というわけにはいきません。
それでも、本来の二日間コースの考え方を忘れない!という信念で、きちんと第一期(会計処理・ゲームシミュレーション)から丁寧に繰り返し繰り返しおこなっています。

楽しくゲームを実践することで、会計がわかり、経営がわかり、戦略がわかり、人間がかわるマネジメントゲーム。ご興味のある方は本当にお気軽にお問合せください!!

さて、今回も丁寧な第一期終了。
2期目をスタートしてすぐに各社長さんの度肝を抜く、Sさんのセールスマン3名採用!!
ただこれはさすがに、製造力と行数が足らず・・・あえなく撃沈。

Sさん曰く、単純にご自分が現実に経営する会社と人数を合わせてみたかったとのこと・・。
最後まで、この人員体制でやりきりました!さすがです!
後に、ダントツの販売能力を身につけたSさんの会社は市場を活性化させてくれ、結果卓のみんなが幸せになれたように思います。

いつもと同様、和やかに楽しく進んだまみがさきMGですが、実は弊社薬師町事務所での開催は今回が最後でした。
次回からは会場を変えて、開催されます。
そんなわけで、本来5期まで終了してこその「表彰」ですが、今回だけ特別に4期でA++自己資本300越え(専門用語ですみません)の「島田さん」が第一位で表彰されました!
商品は、インストの原田さんの「自家栽培いちごの手作りジャム」でした。
おめでとうございます!! ↓↓



終了後の4.5期(懇親会)では、優勝した島田さん(WEBマーケティングコンサル)には一杯召し上がっていただきまして、勢いで普段お金をいただいて講義しているはずのマーケティングとマーチャンダイジングのお話をうかがえました。
これも、本当に楽しかった!!

皆さん、次回以降も宜しくお願いします!
初めての方でも、お問合せお待ちしています!

文:佐藤広一


まみがさきMG その3

Posted in: 個人が学ぶ場


毎月開催しているMGセミナーを1月14日に開催しました。
昨年5月からスタートして数えて8回目です。

当日は朝も冷え込み、大雪となり、予定通り開催できるか心配しましたが、なんとか実施することができました。

外は大雪、でもセミナー会場は熱気むんむん、
オーバーヒート気味でした。

MGは材料を買って、作って、売る、という商売の基本動作を繰り返しやるわけですが、みんなが「売りたい、売りたい」という気持ちが前面にでると市場が活性化しません。
人と違うことをやった人がいつの間にか利益をあげるようになるかた不思議です。


毎回同じ事をやるのに、参加する人や戦略によっと、毎回違う市場が出現します。

中国のような新興市場のように、とにかく作れば物が飛ぶように売れる市場になったり、
今の日本のように売りたい人ばかりでデフレになって、低価格競争にはっしたり。

まさに経済は生きものですね。


8回とも皆勤賞のSさんの話をしたいと思います。

Sさんは50代前半の社長さんです。
1~2回目はまったく何をやっているのかわからなかったとおっしゃってました。

決算も苦労されてました。
(苦労はしていましたが、数字があわないことすら楽しんでいた節があるからスゴイ方です)

成績も毎回したから数えてたほうが早い方でした。

ところが、継続は力なりですね。

成績も真ん中くらいまでくるようになりましたし、決算スピードも常に上位にくるようになりました。
すこしずつやっていることと決算の意味が繋がってきているようです。

Sさん、これからも一緒にMGを楽しんでいきましょう。
よろしくお願いします。


まみがさきMG その2

Posted in: 個人が学ぶ場

12月11日に開催されたまみがさきMG。
これまで皆勤賞で参加しておりますがもう第7回目の開催でした。

ゲーム自体の大まかなルールは、
【セミナー/MG開催報告】まみがさきMG その1
として代表の原田からご説明しましたが、このゲーム、
正式には2日間、通算5期間(事業年度5年分)にわたってゲームを行います。

この5期間、ゲームの結果を連続性のある決算を行いながら進め、
ゲームの最終期である5期目の自己資本額により表彰を行います。

これに対し、まみがさきMGは3期~4期を1日でみっちりやります。
いわば、MGの1日体験コース(入門編)といえます。



このようなまみがさきMG、
今回も未経験者2名+ほぼ未経験1名、経験者9名の計12名の2卓満員御礼!

今回は、皆さんの感想をもとに、

どんな雰囲気で行われているのか?
どんなことを学べそうなのか?

が、出来る限り伝わるようにご報告してみます。

------------------

今回、私も初めて目の前で見せていただきました!

2期でのPQ(売上)が0(ゼロ)!!

Sさんありがとうございます!曰く、
「安売り・売り急ぎは絶対にやらないと心に決めて参加しました。」

Sさんはこの後、3期で体制を整え、4期で全体3位の粗利益額でV字回復しました。
決意の固さ、心の強さを教えていただきました!


Hさんは今回で3回目の参加。
なんとこれまで「無借金経営」を貫徹しつつも、自己資金にて研究開発を
精力的に行うという、普段のHさんの志向そのままの経営だなあ~と、
その手法を勉強させていただいていました。

そんなHさんが今回はじめての借り入れ。
なんとなく予想はしてましたが、自己資本300越えです!
留まる事をせず次回に向けて設備投資に興味をもたれている気配・・・。
末恐ろしい・・・。


Uさんは、今回初参加。
岐阜県出身。ご結婚を機に奥様の実家がある山形へIターンされました。
ひょっとしたら、身内・お仕事関係以外の山形県人との交流は初めて?
Y理論につつまれて、終始にこやかに参加していただきました。
先輩の皆さんありがとうございます。

そして、さすがの一言。
「自分から行動を起こさないとダメですね。次回はどうしたいのかを
考えて参加します。」
さらに、交流会(いわゆる3.5期)で、
「山形は各市町村に温泉があることで有名。すばらしい。でも、
山形の人に『山形になにがありますか』と聞くと、『何にも無いよ。
温泉ぐらいしか・・』と答えます。これだと伝わらない・・と感じます。」


Tさんも今回初参加です。
「頭がクタクタです~っ」と、おしゃってましたが初めてとは思えない
堂々としたゲーム運びを拝見させていただきました。
Tさんの隣(次順位)でゲームさせていただきましたが、材料仕入の
タイミングや私が親の際の入札参加タイミングなど、何度も
勉強させていただきました(やられました・・・汗)。


最年長参加の先輩Tさんは何十年前に一度経験されて以来のご参加です。
ご感想は、「サンドバックになった心地」とのことでした。

言い得て妙。そういえば私は今でも時々サンドバックになっています!
サンドバックの気持ちを体験できるのもMGの醍醐味なんだなぁ~と
気付かせていただきました。
サンドバックをズーッとやってきたので、ずっと叩く側でなくなったのかも
しれないです。

まだまだ、書きたいのですが・・

最後に、3.5期で「今後のまみがさきMGをどう行っていくか?」という
話になりました。

「年何回かは、正式な2日間コースをやろう!」

「どうせなら、泊まりでやろう!!!」

「どうせなら、海外でやろう!!!!!!」

これはこれは。。
お酒の量もスゴイですが・・・
まみがさきMGもすごいことになるかもしれませんよ。。。(笑)



文:佐藤広一


まみがさきMG その1

Posted in: 個人が学ぶ場


MGって、ご存知でしょうか?

「戦略MQ会計ゲーム」の略です。

私どもの会社では、代表の私が2008年2月にMGに出会って以来、
西研究所主催の「東京MG」や旭会計事務所主催の「さくらんぼMG」に
参加してすこしずつ勉強させていただいておりました。

ことし6月からは、「自分の会社でもやりたい」とわがままをいって、
始めたのが「まみがさきMG」なのです。

MGは、参加者一人一人が会社経営者になって、
ゲーム盤の上で、材料購入、製造、販売を行い、
決算まで行います。

同じ元手300万円でゲームを始めても、
終わる頃には元手が倍になった会社から、
すっからかんになる会社まで現れるのです。

まさにゲームを通して会社経営を疑似体験できる優れもの。

MGが目指すのは「Y理論による全員経営」です。

代表の私だけでなく、一緒に働く佐藤と黒川も自ら毎回参加して
くれています。

ゲームでは、青チップ、赤チップ、黄色チップなどといった
MG特有の言葉がでてくるのですが、日ごろの仕事の中でも、
そんな言葉が飛び出すようになってきました。

経営を行ううえでの共通言語ができてきたように感じています。

11月は西先生を招いての仙台MGが開催されるので、
お休みしますが12月からまた再開します。

飲食店にたとえれば、
「伝わる履歴書づくりセミナー」は表メニュー、
「まみがさきMG」は賄い料理、つまり裏メニュー。

興味がある方はお問い合わせください。
おいしい賄い料理をご馳走しますよ。

12月につづく。

文:原田幸雄


ページトップに戻る