1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

生産現場の問題解決 TOC研修

Posted in: 個人が学ぶ場

9/6・7の2日間、ポリテクセンター山形にて、当社代表である原田幸雄が生産性向上支援訓練「生産性現場の問題解決」として、TOC研修を実施しました。

このセミナーでは、ゴールドラット著「ザ・ゴール」の TOC(制約理論)を、ゲームをしながら学び、企業の「ザ・ゴール(儲け続ける事)」の実現を目指していきます。



生産過程において、制約となるボトルネックはどこか?
ボトルネックの対処はどうしたらいいのか?
ゲームを通しながら、実際に儲けを出すにはどうすべきか、生産工程において円滑に進めるにはどうすべきかを頭もカラダも使いながら学びました。

参加者のみなさんからは、「ゲームを通しながら学ぶことができ分かりやすかった」「現場に戻って、実践に活かしていきたい」「経営を考える機会が貴重な経験だった」という声をいただきました。



山形職業能力開発専門校コミュニケーションセミナー

Posted in: 個人が学ぶ場

8/30、山形県立山形職業能力開発専門校において、コミュニケーションセミナーを浅野えみが担当しました。

受講者「チーム独身貴族」の皆さんの作品は、コミュニケーションの課題、困った木を育てて(描いて)います。さすが、前職デザイナーさんだっただけあり、スラスラ〜と♪ 異業職種の方々の集まりなので、得意分野が違って面白い、素敵な方々でした。翌日は、この木の果実を収穫(解決)します。

*チーム名は、お互いの共通項を探して名付けます。独身貴族の皆様は、みんな優しく、楽しい方々でした。



夏休み明け、大学機関のカウンセリングを再開しました

Posted in: キャリアを考える場キャリア学生山形

大学の夏休みも終わり、学校機関のカウンセリングも再開です。

就職の相談はもちろん、大学生活の過ごし方、将来についてなどなど、この部屋で、私だけでも年間300人程の学生のみなさんと1人1時間カウンセリングを行っています。



私の学生時代とは比べ物にならない程、重たいリュックを背負い、たくさん勉強して、遊ぶお金はアルバイトで稼いでと、しっかりした学生さんにたくさん出逢ってきました。

昨年のキャリア形成概論演習の受講生の学生が、留学する前に会いに来てくれました。授業の最後の発表会で、フランス留学を宣言し、早6ヶ月。ついに旅立ちます。
これからも夢を描くお手伝い、これからも、もっともっとしていきたいと思っています。


金山町 かねやま大楽校『伝えたいコト』が伝わる講座

Posted in: 個人が学ぶ場セミナーイベント・交流会

8/3(金)、金山町 「かねやま大楽校」の『伝えたいことが伝わる講座』にて田中麻衣子が講師を務めました。
金山町に関わる若者が、金山町の魅力や田舎暮らしの良さを発見・発信し楽しみながら企画力・情報発信力アップを目指す連続講座5回の1回目の講座です。



金山町は街並みが大変綺麗で昭和50年から景観条例があるそうです。
今回の会場は、大堰公園内にある町民が集う蔵を利用した休憩所です。
帰り道にみた、田んぼも西日がきれいでした。

人も景色も魅力的な金山町をまた訪れたいと思います。



事業成長のための適材適所推進 体感型ワークショップセミナー

Posted in: 人と企業の出会いの場セミナー職場定着

「適材適所」って良い言葉のようにも思うのですが、「適した人材を、適した場所で」って、なんだかしっくり来ない気もして、なんとなく個人的にモヤモヤしていました。何がモヤモヤなのかなぁと思いつつ、そんな中での「適材適所推進」セミナー。
1月23日、寒波襲来で雪が深い中で実施しました。



今回のセミナーでは、経済産業省が推進する「ダイバーシティ経営」の事業を受託している株式会社 VoiceVisionの田中 和子さんにお越しいただき、ワークを進めていただいています。
ある中小企業を題材にして、自分が人事担当者だったらどんな人を採用するか、というワークを行いました。
女性、シニア、外国人、チャレンジド(障がいを持っていらっしゃる方)が応募してきたら、どの人を採用しますか?というのが大きなテーマです。
実際のワークでは、会社側の情報として職種とか役職とか、担ってほしい仕事とか、想定する状況に関する情報や、それぞれの人材にはもう少し深い情報もありますが、それでも「誰を採用するか」は参加者の中で意見が分かれていました。それだけ、実際の採用の問題は難しいということでもあります。


詳しく見る →

ページトップに戻る