1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

山形中央高校でキャリア教育授業を行いました。

Posted in: キャリアを考える場

2018年3月に、山形中央高校で、キャリア教育授業「FURUSATOの企業人にインタビューしよう」を浅野えみが担当させて頂きました。

山形県出身で、山形県内の企業で働いている社会人の先輩から話を聞いて、山形で働く魅力や、大学卒業後の山形との関わり方を考える時のヒントにしてもらおうという趣旨の授業です。



8人の「企業で働く社会人」のみなさんにご協力頂きました。


学生さんには、事前に社会人の先輩の情報をお渡しし、話を聞きたい社会人の希望を出してもらいました。
その上で、どんなことを質問したいか等を数人のグループで事前学習をしてもらいました。

高校生のみなさんは、当日は30分×2回で、2人の社会人のお話を聞きました。

お話しして頂いた社会人の皆さん

日新製薬株式会社 岡田さん


東北パイオニア株式会社 加藤さん


ネッツトヨタ山形株式会社  渡部さん


山形食品株式会社 庄司さん


エヌ・デーソフトウェア株式会社 中川さん


株式会社さくらんぼテレビジョン 松田さん


株式会社佐藤松兵衛商店 佐藤さん


株式会社荘内銀行 永沼さん


生徒達は、興味のあるゲストの教室を2つ周って聞けるというシステム。その業界そのものに興味があった人はもちろん、あとは、事前学習で配布された、ゲストのレジュメを見て「留学」や「テレビ」、「聞いたことのある身近な物」と、なんとなく自分に興味のある言葉を拾っていたようでした。ゲストも生徒も緊張して、講義形式になっている教室もあれば、対話形式で談笑で進んでいる教室もあり、大人の私も勉強になる引き込まれる時間になりました。終了後、生徒にインタビューすると「想像以上に知れたし、面白かった」や「留学というワードだけで選択したけど、違う興味も出てきて、いいきっかけだた」など、たった15分で、しっかりと、何か感じとってくれたようでした。

また、ただ話を聞くだけでなく、事前に、ゲストについて調べたり、質問を仲間で共有する時間があったのが、より理解を深めたと思います。

講師の方々の感想は「やってみると楽しかたので、また次回も是非!いや、次回はもっとうまく話しますね」「後輩の為にと思って来ましたが、終わってみると自分の為にもなりました」と、みなさん笑顔で帰って行かれました。

この活動は、生徒達の進路選択においてのきっかけ作りでもあり、企業や仕事を知ってもらう機会でもあり、ゲスト自身の振り返りにもなる、お互いのアクティブラーニングであると感じました。

私も大変貴重な経験をさせていただきました。

前校長、孫田先生の「子供達の未来へのきっかけづくり」への熱い思いに共感し、お手伝いさせていただいた事に感謝申し上げます。

ご協力頂いた社会人の皆さん、お忙しい中尽力頂いた先生方、誠にありがとうございました。

山形中央高校のみなさん、山形で一緒に働ける日を楽しみにしています!(^ ^)


カウンセリングをしていて思うこと

Posted in: コンサルタントのつぶやき


心地よい午後。
今日は有料カウンセリングの日。
いつもこのFBを見て応援してくれていた方でした。

いつもカウンセリングしていて思う事。
とっても素敵なのに、どうして自分の事はそう思えない?気付かない?という事。カウンセリングは、何かを決めたり、教えるのではなく、悩みや思いを共に整理、気付きを促し、情報提供するんです。みんな、自分の中に答えがあるので、自分で意思決定をしていきます。

今日のAさんの2.3年後が、とてもとても楽しみです。帰り際の笑顔、羨ましくなるような表情でした。会社の前の公園の緑と青空が、Aさんのこれからを表しているように感じました。また来月、楽しみにお待ちしていますね。


『現状を変えたい』という方の話をじっくり伺い、相談に乗ります


大学生の就職セミナー全日程終了

Posted in: キャリアを考える場

3月に入り、学生の就職活動も本格化してきました。

今年に入り、就活生を対象としたセミナーを各大学等で、全26回、た〜っぷり終日かけて、一緒に学び合いました。

就活や内定の為ではなく「社会人になっても活きるセミナー」を心がけ、不安・緊張・時々笑い・涙ありの充実した時間でした。

一人一人がたくさんいいところ持っています!
就職活動は恋愛と一緒。
御縁&宝探しだと思っています。
社会人も楽しいですよね。
キャリアクリエイトは、そんなみなさんと【「働く」を充実させる為の機会の提供】を行いたいと願っています。

新社会人のみなさん、仲間入り、お待ちしていま〜す♩



転職成功物語「今の自分に自信を持つことが大事だと気付いた」

Posted in: 転職成功物語

代表の原田です。

東京からのUターン転職をサポートさせて頂いたHさんより、これまでのストーリーを伺いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学入学以来10年間ほど住んでいた関東を離れ、地元である山形に戻ることを決めました。
理由はいくつかありますが、家庭の事情によりいずれは山形に帰らなければいけなくなったというのが大きなウェイトを占めています。

本当に帰らなければいけなくなるまでは給与が高い関東でできるだけ稼いでおく、というのも一つの考え方だと思います。
しかし切羽詰まった状況では満足できない仕事につかざるを得ないかもしれないし、年齢を重ねるにつれ転職自体が難しくなるかもしれません。
帰った後の生活を考えれば、余裕がある早いうちに生活の基盤を山形に移すほうがいいと決断しました。
そういうわけで転職先を見つける前にUターンを決めてしまい、転職活動は退職時期を会社に伝えてから始めました。
いざ情報収集してみると、希望職種そのものが山形にはかなり少ないという状況が判明しました。
最初に登録した某大手転職エージェントには「山形には紹介できる案件がない」「仙台に通うことを検討してはどうですか?」と言われ当てにならず。
自分で求人を探してもスキル・給与の両面でなかなか条件が合わず、企業探しにかなり苦戦していました。

そんな中、たまたまキャリアクリエイトさんのセミナーが近い日程にあったので参加し、面談の上でお願いすることにしました。
やはり私の経歴にぴったり合う求人はないとのことでしたが、いくつか紹介していただけました。
中には、自分で探したもののスキル面がマッチせず諦めた企業も含まれていました。
「必須とされているスキルがないのですが大丈夫でしょうか?」とお伺いすると、その点は先方にお話しいただいており問題ないとのこと。
案件がないと突き放すことなく可能性を探っていただけて本当に良かったです。

また、私は一時期メンタルダウンで休職していた事実を黙っておこうとしていたのですが、それはいけないと諭していただきました。

当時はマイナス点を覆すほどの魅力が自分にあるとは思えなかったので、黙っていることが許されないのであれば転職は無理だと本気で思っておりました。

しかし最終的には思っていた以上に条件が良い企業に内定をいただくことができ、私が間違っていたんだと実感した次第です。

今の自分に自信を持つことが大事だと教えていただき感謝しています。

この度は本当にありがとうございました。

この先もいろいろな事情で山形に帰ることにした方々が安心して生活を始められるよう、キャリアクリエイトの皆様のご活躍をお祈りしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人は自分が当たり前にできることは強みと認識できない動物のようです。

Hさんは、勉強することがごく自然に出来る方。でも、自然とできちゃうから強みだとは認識できない。

ご紹介したところは技術的レベルが高いIT系の企業で求人票を見ただけではスキルマッチングしませんでした。

紹介にあたって、そこはなんの躊躇もありませんでした。
多少の苦労はするだろうけど、いつの間にか自然と技術的なことは見つけてしまうでしょう!

今度お会いする時に、Hさんがどんな表情でどんなことを話しされるのか、いまから楽しみです。


山形市駅伝チーム大学生アスリート・キャリアスタート支援事業を実施しました。

Posted in: キャリアを考える場

山形県縦断駅伝の総監督 石川さんから突然の電話があったのが2017年10月頃。私が大学の先輩であったこと、そして大学生の就活支援をしていることを知ってのことでした。

聞いてみると、中学生や高校生の時に県縦断駅伝を走ったメンバーの多くは箱根駅伝に憧れ、首都圏の大学に進学し長距離走を続けていることがわかった。

年々就活の時期が早まる中、大学4年生の年末くらいまで競技を続ける彼らは就活のタイミングを逃しがちとのこと。

とくに、山形の就活は3月〜夏休みまでが山場。
その時期は、かれらは練習に集中している時期でもある。

結果、2017年4月は誰も山形に帰ってきて就職した人がいない状況だったとのこと。

だから、就活の流れとか、山形にどんな企業や仕事があるかなど、教えて欲しいというのが電話の趣旨であった。

開催日は、箱根駅伝も終わって彼らが帰省する1月6日(土)と決まった。
対象者は2年生と3年生の約10名。

先輩づらして「いいよ〜」と安請け合いしたものの。
近づくにつれてどんなプログラムにしたらいいか、悩みに悩んだ。
何しろ、彼らはどんな状況で、何を望んでいるのか皆目見当がつかないのだから。

前日の1月5日、神が降りてきてくれた。

分からないならば、みんなに語ってもらえばいい。

「そうだ! ワールドカフェでやろう!!」
※ワールドカフェとは http://world-cafe.net/about/

そうと決まったら「問い」づくりだ。
問1.長距離走を始めたきっかけは?
問2.長距離走を通じて学んだこと、成長したことは?
問3.社会に出たら、学んだこと成長したことを活かせそう?

以上の3つ。

これを1時間でやって、状況把握したあと、用意した「キャリアについての基本知識」をワールド・カフェで出た話と関連づけて説明してみた。



参加者は予定どおりピッタリ10名。
その中には1月3日の箱根駅伝アンカーで活躍した○山大学の○間君もいてびっくり。

彼らと日頃接している大学生の違いを簡単に書き連ねてみると。

・挨拶や話を聞く時の姿勢など基本的なマナーが身についている
・目標を設定して、そこからいつ何をするかを決めている
・家族や周囲の人に感謝している人が多い


日頃就活支援の学生にも、以上の3つを兼ね備えた学生はいる。
すぐに就職先が内定がでる学生だ。しかも複数。

山形の会社で、実業団として長距離走の選手を迎え入れてくれるところは少ない。
体育会系の学生がほしいなら、せめて残業や休日出勤には配慮してくれる会社はないものだろうか。

彼らは、採用した企業にとってかけがいのない宝に育つ可能性を秘めているのだから。


ページトップに戻る