1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

東京生活9年目「もう少し自分の身体を大切にしたい」と思った私のUターン物語

Posted in: 転職成功物語

「移住」って、どうしてハードルが高いと感じるのでしょうか?

・やりたい事、資格、スキルを生かした仕事ができるの?生計の立て方が不安。
・移住先の環境で馴染めるの?職場環境や人間関係が不安。
・地元でのライフスタイルが具体的にイメージできない。

2016年10月に東京から鶴岡にUターンしてきたQさん(匿名希望)もまさに以前、同じような不安を抱えていました。しかしQさんは、持ち前の行動力で自身の抱えるモヤモヤを解消していきます。

Uターンを検討するにあたり、自分の心身を大切にすることを重点に、今までのワーキングスタイル・ライフスタイルを見つめ直したQさん。今後充実した生活が過ごせる場所ー生まれ故郷へシフトすることを決心し、それまでの迷いから一転、Uターンを実現させました。

そこで今回は、そんなQさんがどのようにしてUターンを決意するに至ったのか、そして実際にUターンして1年たった今、どんなことを感じているのか、QさんのUターンにまつわるリアルなお話を伺ってきました。


Qさん(匿名希望)
山形県鶴岡市出身。高校時代までを鶴岡で過ごし、進学で東京へ。学生生活を終えた後は大手企業にて約7年間、企画や販売管理部門に従事。2016年10月に鶴岡へUターンをし、現在は鶴岡市内のメーカーで事務職(技術補助)として活躍中。(Uターンして幸せを感じる瞬間は?)「地元の新鮮で旬な食材を活かした料理を食べているときが至福!」。




詳しく見る →

転職成功物語「年収アップを果たした50代部長職」

Posted in: 転職成功物語

今回は、キャリアクリエイトの人材コンサルタント本人から、転職をお手伝いをさせて頂いた方のストーリーをお伝えします。

-------------------------------------------------

関西に本社を置き、製造拠点を山形県に置くあるメーカーは、
定年を迎えた現在の経理部長が退職するにあたり、社外から人材を迎えることを決断しました。

採用は、地元にゆかりがある人を採用したいと、地元山形志向。

地場では大手に属する規模を持つ企業の部長ポジションをハローワークで募集することは出来ないと考え、
人材紹介会社のみを使用して、人材募集を行なっていました。

使用する人材紹介会社はありがたいことに、キャリアクリエイトのみ。
その理由は、地元金融機関とキャリアクリエイトが連携していたからです。


企業からのニーズを受け、私たちからは、
事業会社で経理・経営企画など管理系の部署で活躍していた50代前半のAさんをご紹介させて頂きました。

企業側の求人ニーズがまとまっている求人票では、原価計算のスキルが求められていました。
しかし、Aさんは原価計算は未経験。

形式的に求人票の募集内容を見ての応募だったら、応募対象外になるところですが、
Aさんの経験をヒアリングすると、経理の細かい実務や会社で必要とされる経営分析などはやってきていました。

求人票で求められている原価計算が未経験でも、
その企業で本質的に求められるであろうスキルは持ち合わせていると感じたため、
その企業でAさんは活躍出来るのではないかと感じ、紹介することを決断。

書類選考時に、企業側に「原価計算以外のスキルが高いこと」、
「Aさんは仕事きっちりする人なので、未経験の分野も覚えながらやっていけるのではないか?」
という、私たちが面談で感じたことを、企業に伝えました。

企業側は、Aさんのスキルを高く評価し、
(落ち込んでいた前職の給与よりも高い)前々職の給与を考慮して、年収を提示して下さりました。

Aさんは、その企業に入社し、現在は総務部長として採用・経理を全部任されています。

--------------------------------------------

今回のAさんのご紹介は、
山形県に本社を置く人材紹介会社だからこそ出来たケースだったのではないかなと思います。

ご本人の代わりとなって、企業に提案をしていくのが、人材紹介会社の腕の見せ所とも言えます。

近くにいてAさんの人柄やポテンシャルと企業の内情を、
近くで見て理解できていたことが、今回の成功に繋がりました。

”求人がない”からといって諦めない、これが一番大切ですね。

35歳転職限界説も、労働人口の減少により、近頃は段々となくなりつつあります。

キャリアクリエイトで転職のお手伝いをさせて頂いた人のうち、
50代の方が占める割合は全体の6%ですが(2014〜2016年の実績)、
これからの時代は、徐々に増えていくのではないか、と感じています。

「求人票で求められている条件が、自分の経験・スキルにマッチしない」
「自分のスキル・経験では、募集要項を満たす求人がない」などの思いを持ちながら
転職活動をされていらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。


関係性構築している企業に”予約” 転職成功物語

Posted in: 転職成功物語

今回は、キャリアクリエイトの人材コンサルタント本人から、転職をお手伝いをさせて頂いた方のストーリーをお伝えします。


山形出身で、東京で英語力を活かして通訳や外資系企業で秘書などを行ってきたJさん。
この方の強みだと感じたのは、英語(TOEIC 945)はもちろん、その馬力を活かした海外との交渉力・調整力。

職務経歴をヒアリングしていく中で、推進力を持って仕事をしているのが想像できました。

また、転職回数が多くて初めて携わる仕事が多い中でも、理解不足な業務分野は、自主的に休日も使って外部講座などで勉強して、職務対応してきたという、自主的に学ぶ姿勢や力、吸収力を感じました。

ネックとなるのは転職回数の多さでしたが、外資系なら夫々の職場で結果を出してきたことを評価してくれるんじゃないかなと思い、山形県内の外資系企業に連絡して求人ニーズを確認。

山形県内の外資系企業からは、「現時点でオープンになっている求人はない」という返答でしたが、Jさんはその外資系企業での秘書・外部との交渉を伴う業務が出来る力があると感じていたので、「きっとやれる方がいるんです」と伝え、英語での交渉・調整などを行う秘書業務などでの求人が出てきたら教えてください、と人事担当の方に図々しくも「予約」をさせて頂きました。

それから半年後、その外資系企業から、なんと人材を探してほしいという連絡があったのです。
その求人は必ずしもJさんの経験とマッチするポジションの求人ではありませんでしたが、「佐藤さんがおしゃっていたJさんの特徴である「交渉力」がポイントの求人です」とのこと。

Jさんの最大の強みである交渉力・調整力を説明し、そうしたスキルが求められるポジションの案件に対して「予約」をしていたことが功を奏したのです。

選考の結果採用され、現在もサプライチェーンマネジメント部門で物流管理の仕事で活躍されています。


このケースは「絶対山形にUターンしたい」という本人の要望・覚悟をとても強く感じたことが、求人が顕在化してなくとも、将来可能性がある企業に「予約」という形でアプローチする原動力となりました。
もちろん、企業との間で「予約」などということができる、「関係性構築」の努力は日々行っています。

熱意と覚悟のある方々には、我々コンサルタントも覚悟を持って(戦術を駆使して)全力でサポートさせていただきます。


FURUSATOの先輩にインタビューしよう〜田中麻衣子先輩に話を聞く?!〜

Posted in: キャリアを考える場キャリア学生

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』


高校は、2019年には、地域連携=社会に開かれた教育課程(2019新学習指導要領)ができて、2020年には大学入試も暗記型ではなく課題解決型に変わります。
自分で課題を見つけて、自分で解決できるように、という流れが全国的にあります。
そのなかで、県立山形中央高校は、山形市内の高校で初めて、それを先取りした取組みを実施しました。

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』

この取り組みは、山形で働く社会人27人が講師として参加、それぞれの職業や地域が抱える課題について、生徒が事前に考えたインタビューに答えるもの。
この度、弊社の田中麻衣子が、講師としてお話させていただきました。


詳しく見る →

高校生へのキャリア教育セミナーを実施【最上地区雇用対策協議会】

Posted in: キャリアを考える場キャリア学生山形


2017年1月12日、新庄市の新庄商工会議所会議室にて、最上地域の高校生を対象にしたキャリアセミナーを実施させていただきました。
参加してくださったのは、最上地域の高校2年生およそ30名。これから就職や進学を考える学生さんたちです。


日本キャリア開発協会と大学生が開発した自己探索ゲーム「人生すごろく」を活用して、高校生までの自分を棚卸ししてもらったり、「夢実現シート」でキャリアデザインの手法を体験してもらい、自分たちの未来像を描いてもらったりと、朝10時から午後3時まで、盛りだくさんの1日でした。

複数の学校から参加していたので、グループはみんなバラバラになるように組んでもらったのですが、1日終了時にはとても仲良くなっていたようでした。

何が正解かわからない世の中、自分で考えて自分なりの答えを見つけ出していくのが「キャリアを考える」ことになります。未来ある学生さんの役に立てたらいいなと思います。


ページトップに戻る