キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

キャリア教育・セミナー

大学生の就職セミナー全日程終了

3月に入り、学生の就職活動も本格化してきました。

今年に入り、就活生を対象としたセミナーを各大学等で、全26回、た〜っぷり終日かけて、一緒に学び合いました。

就活や内定の為ではなく「社会人になっても活きるセミナー」を心がけ、不安・緊張・時々笑い・涙ありの充実した時間でした。

一人一人がたくさんいいところ持っています!
就職活動は恋愛と一緒。
御縁&宝探しだと思っています。
社会人も楽しいですよね。
キャリアクリエイトは、そんなみなさんと【「働く」を充実させる為の機会の提供】を行いたいと願っています。

新社会人のみなさん、仲間入り、お待ちしていま〜す♩



キャリア教育・セミナー

山形市駅伝チーム大学生アスリート・キャリアスタート支援事業を実施しました。

山形県縦断駅伝の総監督 石川さんから突然の電話があったのが2017年10月頃。私が大学の先輩であったこと、そして大学生の就活支援をしていることを知ってのことでした。

聞いてみると、中学生や高校生の時に県縦断駅伝を走ったメンバーの多くは箱根駅伝に憧れ、首都圏の大学に進学し長距離走を続けていることがわかった。

年々就活の時期が早まる中、大学4年生の年末くらいまで競技を続ける彼らは就活のタイミングを逃しがちとのこと。

とくに、山形の就活は3月〜夏休みまでが山場。
その時期は、かれらは練習に集中している時期でもある。

結果、2017年4月は誰も山形に帰ってきて就職した人がいない状況だったとのこと。

だから、就活の流れとか、山形にどんな企業や仕事があるかなど、教えて欲しいというのが電話の趣旨であった。

開催日は、箱根駅伝も終わって彼らが帰省する1月6日(土)と決まった。
対象者は2年生と3年生の約10名。

先輩づらして「いいよ〜」と安請け合いしたものの。
近づくにつれてどんなプログラムにしたらいいか、悩みに悩んだ。
何しろ、彼らはどんな状況で、何を望んでいるのか皆目見当がつかないのだから。

前日の1月5日、神が降りてきてくれた。

分からないならば、みんなに語ってもらえばいい。

「そうだ! ワールドカフェでやろう!!」
※ワールドカフェとは http://world-cafe.net/about/

そうと決まったら「問い」づくりだ。
問1.長距離走を始めたきっかけは?
問2.長距離走を通じて学んだこと、成長したことは?
問3.社会に出たら、学んだこと成長したことを活かせそう?

以上の3つ。

これを1時間でやって、状況把握したあと、用意した「キャリアについての基本知識」をワールド・カフェで出た話と関連づけて説明してみた。



参加者は予定どおりピッタリ10名。
その中には1月3日の箱根駅伝アンカーで活躍した○山大学の○間君もいてびっくり。

彼らと日頃接している大学生の違いを簡単に書き連ねてみると。

・挨拶や話を聞く時の姿勢など基本的なマナーが身についている
・目標を設定して、そこからいつ何をするかを決めている
・家族や周囲の人に感謝している人が多い


日頃就活支援の学生にも、以上の3つを兼ね備えた学生はいる。
すぐに就職先が内定がでる学生だ。しかも複数。

山形の会社で、実業団として長距離走の選手を迎え入れてくれるところは少ない。
体育会系の学生がほしいなら、せめて残業や休日出勤には配慮してくれる会社はないものだろうか。

彼らは、採用した企業にとってかけがいのない宝に育つ可能性を秘めているのだから。


キャリア教育・セミナー

FURUSATOの先輩にインタビューしよう〜田中麻衣子先輩に話を聞く?!〜

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』


高校は、2019年には、地域連携=社会に開かれた教育課程(2019新学習指導要領)ができて、2020年には大学入試も暗記型ではなく課題解決型に変わります。
自分で課題を見つけて、自分で解決できるように、という流れが全国的にあります。
そのなかで、県立山形中央高校は、山形市内の高校で初めて、それを先取りした取組みを実施しました。

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』

この取り組みは、山形で働く社会人27人が講師として参加、それぞれの職業や地域が抱える課題について、生徒が事前に考えたインタビューに答えるもの。
この度、弊社の田中麻衣子が、講師としてお話させていただきました。


キャリア教育・セミナー

高校生へのキャリア教育セミナーを実施【最上地区雇用対策協議会】


2017年1月12日、新庄市の新庄商工会議所会議室にて、最上地域の高校生を対象にしたキャリアセミナーを実施させていただきました。
参加してくださったのは、最上地域の高校2年生およそ30名。これから就職や進学を考える学生さんたちです。


日本キャリア開発協会と大学生が開発した自己探索ゲーム「人生すごろく」を活用して、高校生までの自分を棚卸ししてもらったり、「夢実現シート」でキャリアデザインの手法を体験してもらい、自分たちの未来像を描いてもらったりと、朝10時から午後3時まで、盛りだくさんの1日でした。

複数の学校から参加していたので、グループはみんなバラバラになるように組んでもらったのですが、1日終了時にはとても仲良くなっていたようでした。

何が正解かわからない世の中、自分で考えて自分なりの答えを見つけ出していくのが「キャリアを考える」ことになります。未来ある学生さんの役に立てたらいいなと思います。


キャリアカウンセリング

面接がうまくいかないのは、自己理解不足が9割!?


学生のキャリア支援を主に担当しているキャリアカウンセラーの浅野です(プロフィール)。

就職・転職活動で企業に入社する、または採用するというときには、「ご縁があった」「ご縁がなかった」と言う表現をよく使うように、「働きたい個人」と「働いて欲しい会社」が出会って入社する際に重要なものの1つが、個人と組織の「相性」です。

例えば、本人が希望する働き方が「1つのことを地道にコツコツやりたい・得意」だけど、企業は、「いろんな業務、職種を同時にこなして欲しい」と考えている場合、いろんな諸条件がマッチしていても、入社に至らないということも可能性としてあります。
その逆で、考え方や社風、働き方のスタイル等の相性が合うから、企業が求める経験・スキル水準に達していなくとも内定に至るというケースももちろんあるでしょう。

「面接」とは、お互いの相性を確かめ合う場。
限られた時間の中で、その相性を確かめあうためには、「私はこんな人です」と、自分を知ってもらう努力が必要になってきます。それが「自己PR」です。

面接での「自己PRをお願いします」の質問に向き合って自分らしく答えるためのヒントをお伝えします。