キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

キャリア教育・セミナー

FURUSATOの先輩にインタビューしよう〜田中麻衣子先輩に話を聞く?!〜

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』


高校は、2019年には、地域連携=社会に開かれた教育課程(2019新学習指導要領)ができて、2020年には大学入試も暗記型ではなく課題解決型に変わります。
自分で課題を見つけて、自分で解決できるように、という流れが全国的にあります。
そのなかで、県立山形中央高校は、山形市内の高校で初めて、それを先取りした取組みを実施しました。

『「未来へのドア」持続可能なFURUSATO創生プロジェクト〜「FURUSATOの先輩にインタビューしよう」』

この取り組みは、山形で働く社会人27人が講師として参加、それぞれの職業や地域が抱える課題について、生徒が事前に考えたインタビューに答えるもの。
この度、弊社の田中麻衣子が、講師としてお話させていただきました。


キャリア教育・セミナー

高校生へのキャリア教育セミナーを実施【最上地区雇用対策協議会】


2017年1月12日、新庄市の新庄商工会議所会議室にて、最上地域の高校生を対象にしたキャリアセミナーを実施させていただきました。
参加してくださったのは、最上地域の高校2年生およそ30名。これから就職や進学を考える学生さんたちです。


日本キャリア開発協会と大学生が開発した自己探索ゲーム「人生すごろく」を活用して、高校生までの自分を棚卸ししてもらったり、「夢実現シート」でキャリアデザインの手法を体験してもらい、自分たちの未来像を描いてもらったりと、朝10時から午後3時まで、盛りだくさんの1日でした。

複数の学校から参加していたので、グループはみんなバラバラになるように組んでもらったのですが、1日終了時にはとても仲良くなっていたようでした。

何が正解かわからない世の中、自分で考えて自分なりの答えを見つけ出していくのが「キャリアを考える」ことになります。未来ある学生さんの役に立てたらいいなと思います。


キャリア教育・セミナー

学生自ら前にでて話すまで成長・短大でのビジネス基礎講座


10月7日、8日の両日、ある短大で「ビジネス基礎」の集中講義を担当してきました。
いずれも技術者の卵の1年生の学生さんである。

去年までは、企業が求める人物像から説き起こしビジネスマナーについて教える講座だったようだ。

「ドアノックは、3回。」
「お辞儀は3種類。会釈は15度、敬礼は30度、再敬礼は45度、、」

こんなことを憶えて何になるんでしょうね、ってちょっとへそ曲がりな私は思ってしまうのです。

根っこが分かっていなかったら、一つ一つにマニュアルが必要になってしまいますよね。
応用をきかせられるようになって欲しいのです。

でも、どこから話せばいいのか?
けっこう悩みましたよ。

結論は、
1.企業は経済的使命をもっていること。つまり、顧客創造をはかり、利益を上げて、働く人に給料を払ったり税金を納める。
2.企業は組織であること。つまり、目的・目標を多くの人が関わって達成していく人間集団である。

この二つのことを主軸に話を進めることにした。

カリキュラムは、こんな感じ。
<1日目>
1時限: 企業で働く上で知っておきたいこと(ビジネスとは何か。組織で働くときに大切なこと。)
2時限: 会社を理解する(会社のカタチ)
3時限: キャリアとは何か?
4時限: 自分の経験について探求する
<2日目>
1時限: 自分の性格について探求する
2時限: 働く上でのコミュニケーション
3時限: ビジネスマナーの基本と実践
4時限: プレゼンテーションしてみる


講義を進めるにあたって心がけたことは、
・メンバーがすでに知っていることを引き出すこと
・自らすすんで手を上げて発表すること
これを繰り返すことにより、だんだんと自発性が出てきて、終了時点では全員が自ら前にでて話すまで成長してくれた。担当させてもらって良かったな、と心から思えた瞬間である。


初日、会計のことを入れるのを忘れてしまった。
たまたまMG(戦略MQゲーム)のパンフレットをもっていたので、配布してこの問題に取り組んでもらった。

よろしかったら、読者の皆さんも考えてみてください。
「ある会社の去年の決算は、売上が1,000万円、変動費が600万円、固定費が300万円で、利益が100万円でした。今年は市場が厳しく売上が1割ほど減る見込みです。利益はどのようになりそうか考えてみてください」

学生さんからはいろんな答えが出てきました。
一つひとつ理由を聞いていくと、その人の物事の捉え方が分かってすごく面白かった。
来年はもっと会計の要素を取り入れてみたくなりました。(再依頼があったらですが。(^_^;))