キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

転職成功物語

関係性構築している企業に”予約” 転職成功物語

人材コンサルタントの佐藤広一です。

今回は、キャリアクリエイトの人材コンサルタント本人から、転職をお手伝いをさせて頂いた方のストーリーをお伝えします。


山形出身で、東京で英語力を活かして通訳や外資系企業で秘書などを行ってきたJさん。
この方の強みだと感じたのは、英語(TOEIC 945)はもちろん、その馬力を活かした海外との交渉力・調整力。

職務経歴をヒアリングしていく中で、推進力を持って仕事をしているのが想像できました。

また、転職回数が多くて初めて携わる仕事が多い中でも、理解不足な業務分野は、自主的に休日も使って外部講座などで勉強して、職務対応してきたという、自主的に学ぶ姿勢や力、吸収力を感じました。

ネックとなるのは転職回数の多さでしたが、外資系なら夫々の職場で結果を出してきたことを評価してくれるんじゃないかなと思い、山形県内の外資系企業に連絡して求人ニーズを確認。

山形県内の外資系企業からは、「現時点でオープンになっている求人はない」という返答でしたが、Jさんはその外資系企業での秘書・外部との交渉を伴う業務が出来る力があると感じていたので、「きっとやれる方がいるんです」と伝え、英語での交渉・調整などを行う秘書業務などでの求人が出てきたら教えてください、と人事担当の方に図々しくも「予約」をさせて頂きました。

それから半年後、その外資系企業から、なんと人材を探してほしいという連絡があったのです。
その求人は必ずしもJさんの経験とマッチするポジションの求人ではありませんでしたが、「佐藤さんがおしゃっていたJさんの特徴である「交渉力」がポイントの求人です」とのこと。

Jさんの最大の強みである交渉力・調整力を説明し、そうしたスキルが求められるポジションの案件に対して「予約」をしていたことが功を奏したのです。

選考の結果採用され、現在もサプライチェーンマネジメント部門で物流管理の仕事で活躍されています。


このケースは「絶対山形にUターンしたい」という本人の要望・覚悟をとても強く感じたことが、求人が顕在化してなくとも、将来可能性がある企業に「予約」という形でアプローチする原動力となりました。
もちろん、企業との間で「予約」などということができる、「関係性構築」の努力は日々行っています。

熱意と覚悟のある方々には、我々コンサルタントも覚悟を持って(戦術を駆使して)全力でサポートさせていただきます。


転職成功物語

転職成功物語「妥協・後悔が一切なく仕事を見つけることができました」

「転職成功物語」はその名の通り、キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

【関連記事】
転職成功物語:山形で研究開発職に。
転職成功物語「うちの会社に合う人、と言われたのが忘れられない」
転職成功物語「リーダーに抜擢して頂き大きなプロジェクトも」
転職採用物語:「『生きた採用情報』があります」
転職成功物語:「工場閉鎖40代失業からの再就職、2社から内定を受け、決断」

今回は、以前、Uターンを急ぐとやめたと言っていた(転職成功物語:Uターンを急ぐのを一旦やめました」)けれど、
時が経過して、Uターンすることを決断され、1年越しで北海道からのUターンを実現させたHさんのお話です。

ちょっとしたご縁のなさから、故郷を離れ仙台で再就職することになり、
人材コンサルタントとしてはほろ苦さを感じるメールを頂戴しましたが、
でも、前向きな人生の選択をサポートできたと思って、喜んでいます。
仙台で頑張れ、Hさん!

以下、原文ママです。


転職成功物語

転職成功物語:山形で研究開発職に。

「転職成功物語」はその名の通り、キャリアクリエイトが関わらせていただいて、無事転職を実現された方のストーリーをご紹介しています。

【関連記事】
転職成功物語「うちの会社に合う人、と言われたのが忘れられない」
転職成功物語「リーダーに抜擢して頂き大きなプロジェクトも」
転職採用物語:「『生きた採用情報』があります」
転職成功物語:「工場閉鎖40代失業からの再就職、2社から内定を受け、決断」
転職成功物語:Uターンを急ぐのを一旦やめました

今回は、20代のHさんの転職成功ストーリーです。

Hさんはとても真面目で責任感が強く、頼りにされると断りきれず、溢れんばかりの多種多様な未経験の仕事までを自分の中で整理しながら黙々とこなしてしまう「庶務のプロフェッショナル」でした。
でも、最初にお会いした時はおそらく得意の整理ができないぐらいに溢れてしまっていたのだと思います。
ほぼ上司とマンツーマンの職場環境を事細かにうかがうことから始めました。