キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

転職成功物語

転職成功物語「今の自分に自信を持つことが大事だと気付いた」

代表の原田です。

東京からのUターン転職をサポートさせて頂いたHさんより、これまでのストーリーを伺いました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

大学入学以来10年間ほど住んでいた関東を離れ、地元である山形に戻ることを決めました。
理由はいくつかありますが、家庭の事情によりいずれは山形に帰らなければいけなくなったというのが大きなウェイトを占めています。

本当に帰らなければいけなくなるまでは給与が高い関東でできるだけ稼いでおく、というのも一つの考え方だと思います。
しかし切羽詰まった状況では満足できない仕事につかざるを得ないかもしれないし、年齢を重ねるにつれ転職自体が難しくなるかもしれません。
帰った後の生活を考えれば、余裕がある早いうちに生活の基盤を山形に移すほうがいいと決断しました。
そういうわけで転職先を見つける前にUターンを決めてしまい、転職活動は退職時期を会社に伝えてから始めました。
いざ情報収集してみると、希望職種そのものが山形にはかなり少ないという状況が判明しました。
最初に登録した某大手転職エージェントには「山形には紹介できる案件がない」「仙台に通うことを検討してはどうですか?」と言われ当てにならず。
自分で求人を探してもスキル・給与の両面でなかなか条件が合わず、企業探しにかなり苦戦していました。

そんな中、たまたまキャリアクリエイトさんのセミナーが近い日程にあったので参加し、面談の上でお願いすることにしました。
やはり私の経歴にぴったり合う求人はないとのことでしたが、いくつか紹介していただけました。
中には、自分で探したもののスキル面がマッチせず諦めた企業も含まれていました。
「必須とされているスキルがないのですが大丈夫でしょうか?」とお伺いすると、その点は先方にお話しいただいており問題ないとのこと。
案件がないと突き放すことなく可能性を探っていただけて本当に良かったです。

また、私は一時期メンタルダウンで休職していた事実を黙っておこうとしていたのですが、それはいけないと諭していただきました。

当時はマイナス点を覆すほどの魅力が自分にあるとは思えなかったので、黙っていることが許されないのであれば転職は無理だと本気で思っておりました。

しかし最終的には思っていた以上に条件が良い企業に内定をいただくことができ、私が間違っていたんだと実感した次第です。

今の自分に自信を持つことが大事だと教えていただき感謝しています。

この度は本当にありがとうございました。

この先もいろいろな事情で山形に帰ることにした方々が安心して生活を始められるよう、キャリアクリエイトの皆様のご活躍をお祈りしております。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
人は自分が当たり前にできることは強みと認識できない動物のようです。

Hさんは、勉強することがごく自然に出来る方。でも、自然とできちゃうから強みだとは認識できない。

ご紹介したところは技術的レベルが高いIT系の企業で求人票を見ただけではスキルマッチングしませんでした。

紹介にあたって、そこはなんの躊躇もありませんでした。
多少の苦労はするだろうけど、いつの間にか自然と技術的なことは見つけてしまうでしょう!

今度お会いする時に、Hさんがどんな表情でどんなことを話しされるのか、いまから楽しみです。


転職成功物語

東京生活9年目「もう少し自分の身体を大切にしたい」と思った私のUターン物語

「移住」って、どうしてハードルが高いと感じるのでしょうか?

・やりたい事、資格、スキルを生かした仕事ができるの?生計の立て方が不安。
・移住先の環境で馴染めるの?職場環境や人間関係が不安。
・地元でのライフスタイルが具体的にイメージできない。

2016年10月に東京から鶴岡にUターンしてきたQさん(匿名希望)もまさに以前、同じような不安を抱えていました。しかしQさんは、持ち前の行動力で自身の抱えるモヤモヤを解消していきます。

Uターンを検討するにあたり、自分の心身を大切にすることを重点に、今までのワーキングスタイル・ライフスタイルを見つめ直したQさん。今後充実した生活が過ごせる場所ー生まれ故郷へシフトすることを決心し、それまでの迷いから一転、Uターンを実現させました。

そこで今回は、そんなQさんがどのようにしてUターンを決意するに至ったのか、そして実際にUターンして1年たった今、どんなことを感じているのか、QさんのUターンにまつわるリアルなお話を伺ってきました。


Qさん(匿名希望)
山形県鶴岡市出身。高校時代までを鶴岡で過ごし、進学で東京へ。学生生活を終えた後は大手企業にて約7年間、企画や販売管理部門に従事。2016年10月に鶴岡へUターンをし、現在は鶴岡市内のメーカーで事務職(技術補助)として活躍中。(Uターンして幸せを感じる瞬間は?)「地元の新鮮で旬な食材を活かした料理を食べているときが至福!」。



「移住後のイメージをもてないとUターンできない」という不安

ー転職を考えるようになったきっかけを教えて下さい。
素直に、もっと自分の心身を大切にしたいと思ったからですね。

短大を卒業後、都内の大手企業に入社しました。仕事内容や職場環境、人間関係に恵まれすごく充実していた日々でしたが、会社の組織再編が頻繁に変わったことを境に、急激に仕事が忙しくなりました。

転職を決意したのは、精神的にも体力的にも辛い日々が続いてしまったので「自身の身体を第一に優先したい」と思ったから。そのときは入社して7年目。振り返ってみると、それまでがむしゃらに働いていたので悔いはありませんでした。思い切って退職を決意しました。


ーUターンへの意識はあったのですか?
実は社会人3年目のときに地元が恋しくなったことがあって(笑)。東京にいる地元の友達を誘ってヤマガタ未来Lab.主催のユアターンサミット(※)に参加していました。

ユアターンサミットでは、地元でもこんな形で楽しく暮らしてる人がいるんだ、こんな新しい動きが起こっているんだということを知ることができて新鮮でした。また、実際に山形でイキイキと働いている人と話をすることができたのもすごく印象に残っています。

ですが、当時の私は仕事にやりがいを感じていたということもあり「やっぱりもう少し今の仕事を頑張りたい」という気持ちの方が強かったんですよね。転職してまでUターンしようとは思えませんでした。ただ、その頃から「地元に帰る」「Uターンをする」という選択肢を頭の片隅で考えるようになりました。

(※ユアターンサミットについては本記事下部に記載)

ーUターンにまつわる活動はどのように行なっていたのですか?
まずは情報収集でした。

ただ、いざ地元へのUターン情報を集めてみよう!ということでネットを中心に調べてみたのですが、仕事内容をはじめ、ざっくりとしか書いてないことが多かったんです。そうなったときに一番不安だったのが、前職との給料面のキャップだったり、実際に帰ってきてからの生活スタイルってどう変わるんだろうということ。かなりのモヤモヤポイントでしたね。

そこで、そのギャップを解消するためにいろいろなところに足を運んでみました。キャリアクリエイトさんや、ヤマガタ未来Lab.が企画していたUIターン関連のイベントや、永田町にある都道府県会館などで情報を収集しました。



ー具体的には?
給与面に関しては個別に確認しないといけない部分もあったので、まずはどんな会社があるのかや、Uターンしたあとのライフスタイルについての情報を集めていました。

地元企業の担当者との交流会に行った際は、働いている方の年齢層や職場の雰囲気、男女の割合、福利厚生、残業が多いのか、UIターンの方(中途採用)はいるのか、自分が持っているスキル、資格で活かせる業務はあるかなど確認しました。

実際にUIターンした方にお話を聞く機会では、今の職種に就くまでの転職活動方法やUIターン後の感想を中心に伺いました。

あとは、もともと地元にUターンをした友人がいたので、その友人には給与面を含めて「実際どうなの?」というリアルな話を聞いていましたね。

ー情報を集めてみて、いかがでしたか?
実際にUIターンした人の話は、リアルな話を踏まえた内容が多かったのでとても参考になりました。やっぱり、移住後のライフスタイルをイメージできないとUターンするのは不安だったので。。

このような活動を通して、Uターンにまつわる漠然としたイメージと現実のギャップがどんどん埋まっていきました。「こんな感じであれば私も山形で満足する生活を送っていけるな」とイメージすることができたので、Uターンを選択しました。



「今あるスキルをどんどん活かしてキャリアアップしていこう」


ー実際の転職活動はどのように行なっていたのですか?
前職を退職することを決めた後は都内での転職を検討していた時期もあったので、大手転職エージェントに登録しつつUターンの活動をしていました。Uターン活動では、地元企業の採用担当者に直接電話して採用情報を収集したり、先ほど述べたような公共施設でも情報収集をしていたのですが、とあるUIターンイベントでキャリアクリエイトの原田さんと出会いました。

原田さんは、すごく親身になって話を聞いてくれたり、手厚くサポートをしてもらったのが印象深かったです。また、山形の地場企業ということもあって、山形での就職情報をはじめ、ホームページには載っていない求人情報なども詳しく紹介してもらいました。純粋にとても信頼できるなと思ったので、山形への転職はキャリアクリエイトにお任せしながら進めていこうと決めました。

幸い、キャリアクリエイトから紹介してもらった企業からご縁をいただき、今はその会社で働いています。

ーどんな視点で転職活動をしていたのですか?
これまで私が培ってきた能力を活かせるような仕事がしたいと思っていました。

特に、事務職という職種で今までのスキルを活かせると思ったので、業界にはあまりこだわりをもたずに職種で仕事を探していました。あとは給与面で前職とそれほど変わらない水準を維持できること。これらの条件をキャリアクリエイトさんに相談をしながら転職活動を進めていきました。

ーやりたい仕事ではなく、やれる仕事を?
はい。今回の転職活動では「自身を大切にしたい」という気持ちを一番に優先したかったので。

東京にはやりたい仕事や選択肢がたくさんあるけど、この気持ちを重視するならUターンでも実現できると思いました。正直、地元でやりたい仕事の求人数が少なかったっていうのもあるんですけどね。最初はへこみましたが、考え方を変えて、Uターンして転職するのであれば今あるスキルをどんどん活かしてキャリアアップしていこうと思いました。


「実は私、入社3ヶ月くらいは職場で浮いていました(笑)」

ー現在はどんな仕事を担当しているのですか?
事務職として、システムエンジニアの方々に対する技術補助を担当しています。具体的には、エクセルをはじめとするビジネススキルをベースにデータ集計などを行なっています。

ー化粧品メーカーから半導体メーカーへ・・・なんだかすごいですね(笑)
もちろん、私も最初はすごく不安でした(笑)。もともと技術的な知識はゼロだったので。ただ、会社もそのことは了承してくれていて、最初はサポートを受けながら業務にあたっていました。もちろん、今でも勉強の日々です。

ー他に不安に感じていたことは?
人間関係ですかね。実は私、入社3ヶ月くらいは職場で浮いていました(笑)。

ー・・・え?(笑)
たまたま私の少し前に県外から転職された女性の方と仲良くなって、何気ない会話の延長で「入社当時はなんとなく浮いていたよ〜」「部内でも違和感があったな〜」と言われたことがありました(笑)。確かに入社当初はあまり方言を使わずに標準語だったためか、いろんな人から出身地を聞かれていて。思えば、これがその一端だったのかもなと。。

ただ、そこで職場の人間関係をつくっていくために、自分から職場の人に合わせるように意識しました。年配の人には特に方言を使ってお話をしたりとか。小さなことなんですけどね。我ながらこつこつ努力をしてきました(笑)。

おかげさまで、今は特に人間関係で不安もなく楽しく仕事ができています。


「何もないからつまらない」ではなく「自分がどのように楽しく過ごすか」

ープライベートの過ごし方を教えてください。
地元の友達や会社の仲間と過ごしています。ちなみに私が所属する部は30人くらい。部長が県外出身でアクティブな方ということもあり、よくイベントを企画してもらっています。最初は参加することに抵抗があったのですが、一度参加したバーベキューがすごく楽しくて。今では参加させてもらっています。ちょうど今日もソフトボール大会があったんですよ。

そう思うと、今の職場は地元の人だけじゃなく県外の方も多く、多様性があり新鮮で楽しいです。



ー平日の仕事終わりは?
遅くとも20時には帰るよう自分の中で目処をつけています。東京にいた頃は終電ギリギリまで働いていました。そういう意味では「自分の心身を大切にしたい」が叶えられていて、すごく良かったなと思います。

また、東京時代は仕事終わりに職場の人とご飯食べに行ったり、友人と話題のスポットに行ったりして遊んでいましたね。Uターンしてからはほとんどまっすぐ帰宅し、実家の手伝いをしたり読書をしたりと過ごしています。

平日の夜を含め、プライベートでは特に「何もないからつまらない」ではなく「自分がどのように楽しく過ごすか」というように視点を変え、日々楽しみを見つけながら生活をしています。


地元の人、移住者、みんなで鶴岡を楽しんでいきたい

ーこれから、 どうしていきたいですか?
あまりはっきりとは決めていませんが、やってみたいなと思うことは、移住関連のイベントに参加し、私のようにUIターンについて悩んでる人に対してサポートしてあげたいなと思っています。私もそういったイベントがUターンのきっかけだったので。

また実際にUターンをしてみると、地元にもたくさんの移住者がいることに気がつきました。地元の人はもちろん、そのような方々とも一緒になって鶴岡での生活を楽しんでいきたいと思います。

ー最後に一言メッセージをお願いします。
地元に帰りたいなとか、地方に移住したいなと思う方、たくさんいらっしゃると思います。「なんとなく漠然と」という方を含め、ぜひ積極的に情報収集をすることをおすすめします。

ヤマガタ未来Lab.主催のものをはじめとした移住関連のイベントに参加したり、移住関連の記事を読んだり、実際に地方に住んでいる知人の話を聞いたり。

忙しいとなかなか大変なんですけどね。。ですが私が一番役に立ったなと思うのが情報収集でした。いろいろな方面から情報を集めた上で自身の将来像をイメージし、自分らしい決断をして欲しいなと思います。

山形・庄内でお待ちしています。



編集後記

移住のハードルが高ければ自分から動いてみるしかないー

Qさんの話を聞く中でそんなことを思わされました。

不安要素がある程度なくなり自身の移住イメージをつかむことができたことから、こんな感じなら山形でも満足した生活が送れるなと思いUターンを決断したという話は、移住を考える上での何気ないステップのように見えた一方で、Qさんの多方面での情報収集を行なってきた行動力、そして「自分の身体を大切にしたい」という強い気持ちを感じました。

移住に興味がある方は、ぜひ移住した自分の姿をイメージしてみましょう。
イメージする中で、きっといろんな不安が出てくるはず。そんなときはQさんのように自ら動き、情報を集めてみてはいかがでしょうか?

まずは一歩、踏み出すことから。



おまけ:Qさんが活用したあれこれ
【イベント】ヤマガタユアターンサミット
毎回様々なテーマで山形からゲストを迎え、トークセッションや座談会などを通して「あなたらしい山形との関わり方(Your Turn=Ur-Turn)」を考えるイベント。ヤマガタ未来Lab.が主催で2013年から毎年開催しています。
※前回(2017/01/28)のレポート→https://mirailab.info/column/13810
※前々回(2016/02/27)のレポート→https://mirailab.info/column/10390


【施設】山形県東京事務所 Uターン情報センター
永田町にある都道府県会館内の山形県東京事務所ではUターン情報センターを設けています。有楽町の東京交通会館にも窓口があり、こちらは土日の利用も可能となっています。
詳しくはコチラ→http://www.pref.yamagata.jp/ou/shokokanko/110009/u-turn-center.html
(山形県|山形県Uターン情報センターをご利用ください)


転職成功物語

転職成功物語「年収アップを果たした50代部長職」

人材コンサルタントの吉田博紀です。

今回は、キャリアクリエイトの人材コンサルタント本人から、転職をお手伝いをさせて頂いた方のストーリーをお伝えします。

-------------------------------------------------

関西に本社を置き、製造拠点を山形県に置くあるメーカーは、
定年を迎えた現在の経理部長が退職するにあたり、社外から人材を迎えることを決断しました。

採用は、地元にゆかりがある人を採用したいと、地元山形志向。

地場では大手に属する規模を持つ企業の部長ポジションをハローワークで募集することは出来ないと考え、
人材紹介会社のみを使用して、人材募集を行なっていました。

使用する人材紹介会社はありがたいことに、キャリアクリエイトのみ。
その理由は、地元金融機関とキャリアクリエイトが連携していたからです。


企業からのニーズを受け、私たちからは、
事業会社で経理・経営企画など管理系の部署で活躍していた50代前半のAさんをご紹介させて頂きました。

企業側の求人ニーズがまとまっている求人票では、原価計算のスキルが求められていました。
しかし、Aさんは原価計算は未経験。

形式的に求人票の募集内容を見ての応募だったら、応募対象外になるところですが、
Aさんの経験をヒアリングすると、経理の細かい実務や会社で必要とされる経営分析などはやってきていました。

求人票で求められている原価計算が未経験でも、
その企業で本質的に求められるであろうスキルは持ち合わせていると感じたため、
その企業でAさんは活躍出来るのではないかと感じ、紹介することを決断。

書類選考時に、企業側に「原価計算以外のスキルが高いこと」、
「Aさんは仕事きっちりする人なので、未経験の分野も覚えながらやっていけるのではないか?」
という、私たちが面談で感じたことを、企業に伝えました。

企業側は、Aさんのスキルを高く評価し、
(落ち込んでいた前職の給与よりも高い)前々職の給与を考慮して、年収を提示して下さりました。

Aさんは、その企業に入社し、現在は総務部長として採用・経理を全部任されています。

--------------------------------------------

今回のAさんのご紹介は、
山形県に本社を置く人材紹介会社だからこそ出来たケースだったのではないかなと思います。

ご本人の代わりとなって、企業に提案をしていくのが、人材紹介会社の腕の見せ所とも言えます。

近くにいてAさんの人柄やポテンシャルと企業の内情を、
近くで見て理解できていたことが、今回の成功に繋がりました。

”求人がない”からといって諦めない、これが一番大切ですね。

35歳転職限界説も、労働人口の減少により、近頃は段々となくなりつつあります。

キャリアクリエイトで転職のお手伝いをさせて頂いた人のうち、
50代の方が占める割合は全体の6%ですが(2014〜2016年の実績)、
これからの時代は、徐々に増えていくのではないか、と感じています。

「求人票で求められている条件が、自分の経験・スキルにマッチしない」
「自分のスキル・経験では、募集要項を満たす求人がない」などの思いを持ちながら
転職活動をされていらっしゃる方は、ぜひ一度ご相談頂ければと思います。


転職成功物語

関係性構築している企業に”予約” 転職成功物語

人材コンサルタントの佐藤広一です。

今回は、キャリアクリエイトの人材コンサルタント本人から、転職をお手伝いをさせて頂いた方のストーリーをお伝えします。


山形出身で、東京で英語力を活かして通訳や外資系企業で秘書などを行ってきたJさん。
この方の強みだと感じたのは、英語(TOEIC 945)はもちろん、その馬力を活かした海外との交渉力・調整力。

職務経歴をヒアリングしていく中で、推進力を持って仕事をしているのが想像できました。

また、転職回数が多くて初めて携わる仕事が多い中でも、理解不足な業務分野は、自主的に休日も使って外部講座などで勉強して、職務対応してきたという、自主的に学ぶ姿勢や力、吸収力を感じました。

ネックとなるのは転職回数の多さでしたが、外資系なら夫々の職場で結果を出してきたことを評価してくれるんじゃないかなと思い、山形県内の外資系企業に連絡して求人ニーズを確認。

山形県内の外資系企業からは、「現時点でオープンになっている求人はない」という返答でしたが、Jさんはその外資系企業での秘書・外部との交渉を伴う業務が出来る力があると感じていたので、「きっとやれる方がいるんです」と伝え、英語での交渉・調整などを行う秘書業務などでの求人が出てきたら教えてください、と人事担当の方に図々しくも「予約」をさせて頂きました。

それから半年後、その外資系企業から、なんと人材を探してほしいという連絡があったのです。
その求人は必ずしもJさんの経験とマッチするポジションの求人ではありませんでしたが、「佐藤さんがおしゃっていたJさんの特徴である「交渉力」がポイントの求人です」とのこと。

Jさんの最大の強みである交渉力・調整力を説明し、そうしたスキルが求められるポジションの案件に対して「予約」をしていたことが功を奏したのです。

選考の結果採用され、現在もサプライチェーンマネジメント部門で物流管理の仕事で活躍されています。


このケースは「絶対山形にUターンしたい」という本人の要望・覚悟をとても強く感じたことが、求人が顕在化してなくとも、将来可能性がある企業に「予約」という形でアプローチする原動力となりました。
もちろん、企業との間で「予約」などということができる、「関係性構築」の努力は日々行っています。

熱意と覚悟のある方々には、我々コンサルタントも覚悟を持って(戦術を駆使して)全力でサポートさせていただきます。