1. HOME
  2. 山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」
  3. 組織が学ぶ場
  4. 5/30 【受付を終了しました】第2回サクラマスミーティング 山形で働く若者を増やす環境づくりプロジェクト『サクラマスプロジェクト』

5/30 【受付を終了しました】第2回サクラマスミーティング 山形で働く若者を増やす環境づくりプロジェクト『サクラマスプロジェクト』

Posted in: 組織が学ぶ場


山形で働く若者を増やすための協働プロジェクト『サクラマスプロジェクト』第2回サクラマスミーティングを山形市で開催します。

サクラマスミーティングは、山形県の高校・大学を卒業し進学・就職のため県外転出した若者が、山形県のシンボル魚「サクラマス」のように、海(県外)に出て成長し、また生まれた川(山形県)に戻って来られるように企業・行政・教育機関・保護者が一体となって、若者がUターンしやすい環境を整える『サクラマスプロジェクト』が主催する、組織の枠を越えて繋がり、話し合い、みんなで考える場です。

今回のミーティングでは、高校生や大学生がもっと地域の企業を知り、学生のうちから企業との関わりを持ってもらうために、教育機関と企業がどのように連携していけばいいかについて、事例を紹介するとともに参加者同士で話し合います。

イベント概要

【日時】2019年5月30日(木)13:30〜16:30
【会場】山形県JAビル9階会議室AB
【参加対象者】企業経営者、人事・採用ご担当者、高校・大学の校長・教頭先生、進路指導・キャリア教育・探求科のご担当者、若者の地元定着・回帰に取り組んでいる自治体・公的機関やNPO関係の方、興味・関心のある方
【主な内容】
●サクラマスプロジェクト概要説明/キックオフミーティングからの動き
●事例紹介1「地元企業を巻き込んだ進学高校でのキャリア教育」〜地元で働くOBOGの話が、地元企業を知るきっかけになる〜

進学校の先生に、実際に行った『地元企業で働く社会人を巻き込んだキャリア教育授業』についてお話頂きます。

●事例紹介2「ナビ・合説以外での出会いから地元企業へ就職した話」〜就職活動以外の場における企業と学生のつながり・関わりの重要性〜

新卒採用の手法として一般的な合説・ナビ以外の場で、地元企業と出会いそのまま入社した会社員の方から、その体験談についてお話頂きます。

●情報交換(ラウンドテーブル形式)

【後援】
山形県教育委員会
山形県商工労働部雇用対策課
山形県中小企業家同友会
山形商工会議所
山形経済同友会
山形県プロフェッショナル人材戦略拠点
山形県若者就職支援センター

お申し込み方法

こちらの応募フォームよりお申し込みいただくか
チラシ裏面にご記入のうえFAXでお申し込みください。


ファイルを開く

サクラマスプロジェクトとは

山形県の高校・大学を卒業し、進学・就職のため県外転出した若者が、山形県のシンボル魚「サクラマス」のように、海(県外)に出て成長し、また生まれた川(山形県)に戻って来られるように、企業・行政・教育機関・保護者が一体となって、若者がUターンしやすい環境を整えるプロジェクトです。

働く場として若者に選ばれるための取り組みについて、参加者の皆さんと情報交換を行い、いろいろな立場の人とつながり、課題を共有する場です。

若者に選ばれる山形になるために、さまざまな立場の方と連携し一緒に取り組んでいきましょう!


前回の様子


【お問い合わせ】
サクラマスプロジェクト事務局 株式会社キャリアクリエイト
TEL.023-641-8807
info@carrer-create.co.jp

【後援】
山形県教育委員会
山形県商工労働部雇用対策課
山形県中小企業家同友会
山形商工会議所
山形経済同友会
山形県プロフェッショナル人材戦略拠点
山形県若者就職支援センター

【プロジェクトのネーミングについて】
サクラマスは山形県の県魚です。川にいるときはヤマメと呼ばれ、6〜7割が海に下ります。外洋を1〜2年周回した後、体調60〜70センチのサクラマスに成長して生まれ育った川に帰ってきます。
サクラマスの成長プロセスが、高校生が大学進学を終えて地元山形に就職する学生のイメージに重なることからサクラマスプロジェクトと名付けました。


ページトップに戻る