キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

人材採用・職場定着

その「人事の悩み」どうすれば解決できるのか?ヒントを見つける!セミナー

6月8日(木)山形市の山形県JAビルにて、「その「人事の悩み」どうすれば解決できるのか?ヒントを見つける!セミナー」を開催しました。

本セミナーは平成29年度東北経済産業局委託「地域中小企業・小規模事業者人材確保・定着等支援事業」の一環のもので、企業の経営者、人事担当者を対象としたものです。
セミナーは、外部から第一線の研究者を招いてマクロな視点から講演いただいたあと、会場の方からの質問を交えつつ、山形の状況について考えました。

県内各地からの参加者は80名。
経営者や人事責任者など、第一線で人材の変化を見てきている方々が多数来場し、熱気溢れるセミナーとなりました。



講演いただいたのは、リクルートワークス研究所主幹研究員の豊田義博氏。豊田氏は、『若手社員が育たない。』『就活エリートの迷走』(以上ちくま新書)、『「上司」不要論。』(東洋経済新報社)、『新卒無業。』(共著 東洋経済新報社)など、若者を取り巻く就職、就業の状況について数多くの著作をまとめられており、深い知見をお持ちでいらっしゃる方です。
今回の講演は、近著「なぜ若手社員は「指示待ち」を選ぶのか? 職場での成長を放棄する若者たち (PHPビジネス新書)」でまとめられた研究結果を元に、今の若手人材の実態と企業が抱えている問題点を講演していただきました。



講演のあとは、弊社代表の原田を交えての質疑・意見交換会を行いました。
時間がなくて全てのご質問にお答えできませんでしたが、大学生の就職活動や、インターンシップ、若手社員の定着について話を深めるとともに、山形での現状について整理しました。

ーー
私が特に印象に残ったのは、現代の職場では「観察」ができないということ。
パソコンに向かっての仕事が多くなり、情報や社外とのやりとりも全てパソコン上で進められていて、どんどん見えなくなっている。
新入社員が、隣の席の先輩の動きや対応を見て学ぶ機会が無くなったため「自分で学べ」といっても学ぶ機会が無くなっているということでした。

意欲もあり能力もある若い人たちを伸ばし、老若男女全てが生き生きと働くために、どう会社が、どう社会が変わっていったら良いか、深く考える良い機会になりました。


人材採用・職場定着

山形にUIターンを希望する人必見!  経営人の人柄に触れる新しい形のマッチングフェア

こんにちは! 2016年キャリエクリエイトインターン生の小野寺杏菜(山形大学人文学部所属)です!
今回は8月12日に実施された「スーツを着ない! UIターン人材と企業のマッチングフェア」について紹介します!



「スーツを着ない! UIターン人材と企業のマッチングフェア」とは?

「スーツを着ない! UIターン人材と企業のマッチングフェア」と聞いて、皆さんはどのようなイメージを抱くでしょうか? このマッチングフェアは、通常の企業説明会と何が違い、どのようなところに利点があるのでしょうか。はじめに、マッチングフェアの概要について簡単に説明します。

「就職活動」と聞くと、エントリーシートを書いて、がっちりスーツを着て沢山の人と一緒に企業説明を聞いて……そんなイメージがあるかと思います(事実、私がそうでした)。

しかし、このイベントは違います。まず履歴書は不要、スーツの着用は禁止!
企業にとっては、履歴書や見た目に囚われずに参加者と交流でき、書類上ではわからない人柄や気質に触れることで従来の採用では出てこなかった可能性を見出す機会となります。
参加者にとっては、企業で働いている経営人と直接話をすることで企業の空気感や考え方を身をもって実感することができる。企業概要からは見えてこない企業の内面を知り、実際の就活に役立てる。それがこのマッチングフェアです。

……「で、結局何をするイベントなの?」 なんて声が聞こえてきそうです。
ご安心ください。堅苦しい説明はここまで! ここから先は私の体験を中心に書いていきます。


人材採用・職場定着

自社アピールのポイントを掴む!県内3カ所で採用戦術セミナー開催。

6月から7月にかけて、県内3カ所で「若手人材・Uターン人獲得のための採用戦術セミナー」を開催いたしました。
求職者に自社をどうアピールしていくか、というテーマでの実践的なワークを中心とした内容で、県内の企業や自治体など合計30団体33人の方にお集まりいただきました。



人材採用・職場定着

山形県15市町村と9地域団体の担当者が参加!企業支援機関向けセミナー開催

2016年6月、行政および地域経済団体の雇用対策担当者、移住対策担当者の皆さんを対象にしたセミナー『若者がUターンして地元中小企業で働きたいとなるためのセミナー&ワークショップ』を村山、庄内、置賜の3箇所にて開催しました。<開催概要はこちら



県外(主に首都圏)で活躍し山形に帰ってきたいと思っている人々が、実際に山形県内への転職を実現するには、「企業に対する雇用対策」と「人材に向けた移住対策」の両輪が力を合わせる必要があるとキャリアクリエイトでは考えており、今回のセミナーでは雇用対策担当者と移住対策担当者の皆さんの情報交換の場としての活用も意図して実施しました。

集まったのはなんと15市町村の職員の方々と、山形県や関係する商工会等の団体に所属する皆さん延べ47人。
山形県の市町村数は35ありますので、半分近くの地域の方々にご参加いただきました。


人材採用・職場定着

就活で悩むのは学生だけじゃない!新卒採用担当者の苦悩はこれからも続くのか?!採用担当者向けワークショップ

山形大学のアライアンスシステムに賛同している企業の採用担当者を対象に、人事採用担当者向けセミナーを開催しました。
今回は22社25名に参加いただき、グループワークや意見交換を通して、各社の採用力の向上と人事担当者同士の交流を図りました。


参加者の交流と幅広い情報を得るワークショップ

 今回のセミナーは、ワークショップをメインに企画しました。
 講義形式ではなく、ワークショップ形式を中心にした理由は2つあります。1つは「県内企業の採用担当者間の交流を活性化させる」ことが大きな目的なので、担当者同士のコミュニケーションがより取れる形式にしたかったという理由。
 もう1つは、講師からの一方的な情報提供よりも、採用現場を体験した皆さんのそれぞれの経験を共有することが有効と考えたからです。変化が激しい市場では、既にある成功事例はすぐに陳腐化します。自社なりの戦略立案をしていくためには、より幅広く違った視点からの情報を得ることが大切です。そういった点で、現場を経験した採用担当者同士が情報を共有することができるワークショップ形式が有効なのです。