1. HOME
  2. 事業・サービス
  3. ヤマガタ未来ラボ・ヤマガタ仕事ラボ
  4. 自社サービス『ヤマガタ仕事ラボ』

ヤマガタ未来ラボ・ヤマガタ仕事ラボ

自社メディア・サービス運営

ヤマガタ未来ラボ・ヤマガタ仕事ラボ

自社サービス『ヤマガタ仕事ラボ』

若者と山形の企業がつながるコミュニティ『ヤマガタ仕事ラボ』

山形にはどんな仕事があるの?どんな大人が働いてるの?自分は何がやりたいのか?

山形とじぶんのことをもっともっと知りたい若者と山形県内の企業がつながる出会いの場です。

▶︎山形県内で働くことに少しでも関心がある高校生・大学生はこちら

▶︎採用をご検討中の企業様はこちら

 

情報格差をなくし、山形の企業が若者から選ばれるようになる

これまで、山形県内の企業が新卒採用のために発信する情報は、給料・福利厚生と言った条件面に重心を置く内容や他人がインタビューで切り取った社員紹介などを発信することが中心で、中小企業の最大の魅力である「人」がどんなことを考えているかといった「価値観」、組織の人格とも言える「こだわり・大事にしていること」、人と人がどんなつながりで日々仕事をしているかという「社風」はあまり伝えていない状況にありました。また、「働く場所は県外か山形か」で迷う学生・若者は、山形にどんな仕事があるか知らない・偏ったイメージがある・山形で働く自分のイメージが持てないまま、就職活動を行っていました。

一方、都会の企業は、自社の採用メディアやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などを利用して、自分たちがどんなことを考えているか、何を大切にしているかを積極的に発信し採用ブランディングしています。「働く場所は県外か山形か」で迷う学生は、どうしても沢山発信されている方に目を向けがちです。そこで、ヤマガタ仕事ラボは、山形の企業が自社のメディアを持ちキャリア教育と連動した採用ブランディングを行える機会を提供しています。

山形の企業は、「人」「組織の人格」など会社の中身を伝えることで、給料・福利厚生といった条件面で他社と戦わないで学生に選ばれるようになり、若者も、条件面ではないところから企業を知れることで、山形で働く可能性と選択肢を最大化できるようになりました。

ヤマガタ仕事ラボは、若者が就職活動前の時期から山形で働くこと・大人がどんな想いで働いているかを知る機会を作ることで、山形の企業が若者から選ばれるようにします。また、若者が「なぜ山形なのか」「この会社でどう働いていきたいか」「どう働いていきたいか」と言った働く自分の価値観に気付き、山形で主体的にキャリアを形成できるようサポートしていきます。