キャリアカウンセリングで、山形に関わる人と組織の成長をねっづくサポート

山形での仕事・働く視野を広げる「キャリアお役立ち情報」

転職、就職、キャリアアップ、UIターン、人材採用・研修など、山形で働く・山形と関わるあなたに役立つ情報を発信しています。

キャリアカウンセリング

面接がうまくいかないのは、自己理解不足が9割!?


学生のキャリア支援を主に担当しているキャリアカウンセラーの浅野です(プロフィール)。

就職・転職活動で企業に入社する、または採用するというときには、「ご縁があった」「ご縁がなかった」と言う表現をよく使うように、「働きたい個人」と「働いて欲しい会社」が出会って入社する際に重要なものの1つが、個人と組織の「相性」です。

例えば、本人が希望する働き方が「1つのことを地道にコツコツやりたい・得意」だけど、企業は、「いろんな業務、職種を同時にこなして欲しい」と考えている場合、いろんな諸条件がマッチしていても、入社に至らないということも可能性としてあります。
その逆で、考え方や社風、働き方のスタイル等の相性が合うから、企業が求める経験・スキル水準に達していなくとも内定に至るというケースももちろんあるでしょう。

「面接」とは、お互いの相性を確かめ合う場。
限られた時間の中で、その相性を確かめあうためには、「私はこんな人です」と、自分を知ってもらう努力が必要になってきます。それが「自己PR」です。

面接での「自己PRをお願いします」の質問に向き合って自分らしく答えるためのヒントをお伝えします。